店内試飲

Yさんご夫妻、並びに近隣の皆様。(笑)
大変長らくお待たせ致しました。
いよいよ本日より店内での試飲を解禁させて頂きます。
差し当たり下記の商品の試飲が可能ですから、いつでもお申し付け下さい。
ただし、お車はもちろん、バイクや自転車でご来店のお客様からの試飲のお申し出にはお応えできませんので、あらかじめご了承下さい。


【芋焼酎】

山猪、宝山<綾紫印>、桐野、弥作、悟空の眠蔵、私領五番隊、かたつむり、二兎不追(にとおわず)、津貫屋、屋久の杜、杜の妖精、太(ふとし)、和一緒(わっしょい)、赤江

【麦焼酎】

揺籃、釈云麦(じゃくうんばく)、べいすん、屯(たむろ)、一粒の麦

【日本酒】

「獺祭<遠心分離>」50%精米、「獺祭<純米大吟醸>」50%精米、純米吟醸「田心房」(オリジナル)、「さか松」純米大吟醸、剣菱<瑞穂>

【梅酒】

鶴梅<完熟にごり梅酒>、鶴梅<すっぱい>、鳴龍(なきりゅう)、貴匠蔵梅酒


上記の商品はほぼ通年での試飲が可能です。
これ以外にも、季節限定商品などが入荷した際には随時提供させて頂きます。


※画像の追記
こんな感じです(↓)
f0220938_23134968.jpg

[PR]
# by hirakata-kandaya | 2010-04-17 00:35 | 仕事全般

利き酒

弊店のオリジナル日本酒の中身をどんなタイプにするかで、先日にようやく蔵からサンプルが到着しました。

f0220938_2352953.jpg


まず一昨日。
閉店後の店内でおごそかに5種類すべてをテイスティング開始。
グラスに注がれたお酒を一つずつ口に含み、舌全体に行き渡らせてチェックした後は飲まずに吐き出し、天然水で口の中をすすいでまた別のグラスをチェック。

この作業を繰り返してとりあえず初日の利き酒は終了。

そして開封から中一日空けた今日。

日本酒の場合は開封直後と2~3日経過してからとでは味がガラッと変わることがありますから、ある程度の日数を空けて何度かテイスティングする必要があり、今日はその2回目。

一旦ひと通りテイスティングしてから今度は実際に少しずつ飲んでみて、そして5種類の中からまず3つに絞りました。

これらを明後日くらいにもう一度チェックして、いよいよ決定です。


果たして、、、2年目の「田心房」や如何に?

f0220938_0113857.jpg

[PR]
# by hirakata-kandaya | 2010-04-13 00:12 | 日本酒

桜街道

今年は残念ながらお花見…というか、『“花よりお酒”的宴会』はできませんでしたが、神田屋新店舗横のバス通りを南へ約1kmほど走行すると、それはそれは見事な桜の木が沿道を埋め尽くしておりまして、これを観るだけでも充分に春を満喫できます。

f0220938_2318122.jpg
f0220938_2318173.jpg


来年は美味しいお酒を持参して、みんなで花見を満喫しましょう!
[PR]
# by hirakata-kandaya | 2010-04-09 23:34 | 我が町の紹介

セコム、してますよ!

…ということで、この度「酒の神田屋」はセコムさんのお世話になることとなりました。

この枚方の店舗付き住宅ではすべての窓ガラスを防犯ガラスにしたので、特にセキュリティシステムを導入する必要もなかったんですが、まぁ担当者の方がとてもイイ方やったんで…(⇒ この場合の“イイ方”というのはどういう意味か分かりますよね?)。(笑)

もっとも、寝屋川市に住んでいた7年前の4月に自宅の2階のベランダから空き巣強盗に侵入され、家中をさんざん荒らされた上に総額300万円ほどの被害に遭いましたから、店舗内も含めて今の我が家にはポケットサイズの金目のものは…、

                何にもない!(泣笑)

なので、空き巣狙いさん達。
ウチに来ても無駄やからね!

f0220938_21415427.jpg



ところで、このブログをご覧の貴方…、

f0220938_21555916.jpg

[PR]
# by hirakata-kandaya | 2010-04-07 21:56 | 家族

店内での試飲

新店舗の開店後しばらくは中断してました店内試飲ですが、お隣のYさんご夫妻をはじめとする(笑)菊丘町及び周辺にご在住の皆様からの強烈な(?)ご要望にお応えしてそろそろ再開しようかと思ってます。

差し当たり私のお奨めする商品(「本格焼酎」、「梅酒」)に限らせて頂き、日本酒についてはある一定の短い期間に限定して行なうつもりです。

なお、試飲コーナーの情報はすべてこのブログにてご案内差し上げますので、小マメにチェックして下さいね。
[PR]
# by hirakata-kandaya | 2010-04-03 20:15 | 仕事全般

京都「獺祭」の会

f0220938_1954153.jpg


「獺祭」の旭酒造(株)が主催して、毎年一般のお客様を対象に東京と山口で【獺祭を楽しむ会】を開催しておりますが、今年は待望の関西で、それも初夏の京都で開催する運びになりました。

当日は、現時点で出荷できるすべての「獺祭」が出品されます。
また、桜井社長はもちろんのこと、参加が可能なすべての社員ができるだけ多くのお客様に直接、「獺祭」の酒造りの心を話してくれるはずです。

どうぞこの機会に、初夏の京都と「獺祭」を愉しみにお越し下さい。


   日時:5月9日(日) 15:30~17:30
   場所:京都ブライトンホテル(http://www.brightonhotels.co.jp/kyoto/
   京都市上京区新町通中立売(御所西)
   地下鉄烏丸線 今出川6番出口より徒歩8分
   形式:立食パーティ
   会費:4000円
   定員:80名
   お申込先:旭酒造株式会社
   TEL 0827-86-0120
   FAX 0827-86-0071
   e-mail:shop@asahishuzo.ne.jp

☆お申込用紙ダウンロード(PDFデータ)はこちら



※当日はもちろん私も参加します♪
[PR]
# by hirakata-kandaya | 2010-03-28 19:59 | 獺祭(だっさい)

以前よりご案内しておりました、西酒造「蒸撰綾紫」の25度バージョンが本日入荷しました。

「どんなラベルなんやろう?」と期待しておりましたが、何と何と!

銘柄も新たに「綾紫印」で新登場。

f0220938_1814599.jpg


さあ、果たしてお味の方は…?



また後ほど追記致しますね。

【テイスティング・リポート】

まず、抜栓した時に立ち上がる香りがすばらしく、この香りだけでも充分に楽しめる焼酎です。
次に一口…。
どんなお酒でもそうなんですが、開栓直後は舌に刺さりますので、初日はペロッとひと舐めするだけに留めました。
そして二日後にいよいよ本格的なテイスティングを開始。
予想通り、一旦空気に触れさせただけで凄くまろやかで引き締まった味になっています。
舌に載せた時に感じる弾力性もGood!

紫芋の甘い香りが旨みの中に溶け込んで、実にバランスの良い芋焼酎に仕上がっています。
入荷数の半分がすでに売れてなくなりましたので、できるだけ早目にご発注下さい。
(できれば「蒸撰綾紫」34度と併せて…)




  ☆宝山「綾紫印」 1.8L @2920(税込) http://kandaya.biz/nishi.htm#mark-aya
[PR]
# by hirakata-kandaya | 2010-03-27 18:14 | 本格焼酎

引き篭もり(?)

休み明けの今日25日。
昨日から頂いていたご発注メールやFAXへの返信に始まり、メーカーさんからの荷受け、お客様への発送商品の荷造り&伝票発行と、雨の日は雨の日でけっこう忙しい神田屋オヤジです。(笑)

ひと通り受注&発送業務を終え、今日一日の自分の行動を振り返ったら、、、何とこの私、今日は店の敷地から一歩も外へ出ていなかったことが判明。

う~~~ん。。。
こんなことでエエんかいな。
[PR]
# by hirakata-kandaya | 2010-03-25 18:21 | 仕事全般

「紅薩摩宝山」、入荷!

昨年に新発売となり、アッという間に完売となった「紅薩摩宝山」が、桜咲くこの季節に入荷しました。
今年も今回一度きりの蔵出しですから、『売り切れ御免』となります。
ご発注はお早目にどうぞ!!

   ☆紹介ページ ⇒ http://kandaya.biz/nishi.htm


f0220938_14202365.jpg


                      原料芋の「綾紫」
f0220938_142031100.jpg


                      1ケースの荷姿
f0220938_14203889.jpg

[PR]
# by hirakata-kandaya | 2010-03-23 14:25 | 本格焼酎

一夜明けて、、、今日は早起きをして、昨日15時に通行開始となった『第2京阪国道』の走り初めをしてきました。

京阪地区に住む数百万人の住民の期待と、一部の方の猛反対とを併せて受けながらようやく開通したこの道路。
以前に住んでいた寝屋川市の自宅からはほんの2~3分ほどクルマを走らせたところを通っているので、この度の全線開通は何年も前からめちゃめちゃ楽しみにしていたこの私でしたが、枚方市へ移ったことで『第2京阪』へ出るまでは少々時間がかかってしまうことになったのが残念といえば残念なところ。。。


         市道からいよいよ『第2京阪』(一般道)へ
f0220938_8185914.jpg



         「寝屋の長者」の故郷(?)、『寝屋』交差点
f0220938_81913100.jpg



         名物の『4連眼鏡トンネル』(打上、明和地区)
f0220938_8192596.jpg



         以前に住んでいた街の最寄の交差点である『萱島東』
f0220938_8194838.jpg



         『萱島東』交差点の少し北側にある本線への導入路
f0220938_820112.jpg



         黄砂に煙る交差点(笑) 左折:枚方・京都方面、右折:門真・大阪市内
f0220938_8204155.jpg



         帰路も眼鏡トンネルを通って…
f0220938_8211194.jpg



いやぁ~、新しい道路を走行するのは実に快適ですね。
店のことが落ち着いたら、今度は全区間を走破したろうと思てます。(笑)

それにしても、朝から何をやってるのかねェ~、私は…。(呆)


【追記】
掲載している画像はすべて信号待ちか、或は一旦停止させた車中から撮影したものです。
[PR]
# by hirakata-kandaya | 2010-03-21 08:36 | 我が町の紹介