大阪府枚方市の『酒の神田屋』店主のブログです。商品の紹介や日々の徒然をそこはかとなく、妖しく、かつ物狂おしく書きつくっております。

by Kandaya de blog

<   2018年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

【風の森 ALPHA type-5】

f0220938_1712896.jpg

~貴譲酒仕込み・無濾過・無加水・火入れ酒

「風の森ALPHA」シリーズ第5弾の登場、タイトルは「燗SAKEの探求」。
仕込水の変わりに9年貯蔵の古酒を使用するという貴譲酒仕込み。
(⇒ 詳細は弊店ホームページをご覧下さい)
 
今朝の到着後、真っ昼間からカミさんと二人でテイスティングしました。
結論から申し上げますと、常温から熱燗まで幅広い温度帯でお愉しみ頂けますが、「酒の神田屋」店主が特にお奨めしたい温度帯は45度~55度。
低い温度帯では際立っていた酸味も落ち着き、味わいがとても豊かになります。
また、燗冷ましも一層甘みが増して美味しいです。

720ml 1,500円(税別)

f0220938_172185.jpg

[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-01-30 17:02 | 風の森
f0220938_108666.jpg


「田光」ファンの皆様、大変長らくお待たせ致しました。
「田光」の代表作品である「雄町50 純米吟醸 中取り 無濾過・生・原酒」の29BY最初の蔵出し分が入荷しました。
精米歩合50%の岡山県産・備前雄町を100%使用。
そして酵母は協会9号系の自社培養酵母。
 
この商品をテイスティングするたびに思うことですが、透明感のある洗練されたクリアーな口当たり、舌の上で心地良く踊る柔らかな弾力、口中に広がる上品な香りと雄町由来の旨味、そして爽やかで優しい余韻…。
 
今年も自信を持ってお奨めできる、「田光」です!
 
1.8L 3,288円(税別)
720ml 1,644円(税別)

http://kandaya.biz/hayakawa.htm#oma50
[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-01-28 10:08 | 日本酒
f0220938_18432728.jpg


愛媛県・首藤酒造さんの新春蔵出し第2弾は「山田錦」精米歩合68%の純米酒の中汲み(生酒)です。
 
ゆるやかに広がるメロンのような香り、弾力のある豊かな味わいの中にかすかに感じるビターな味がアクセントとなり、最後は乾いた砂が水を吸収するかの如く、シュパッと切れていきます。
 
以上は良く冷やし状態でのテイスティングの感想ですが、今の季節の室温(10度~15度)でお召し上がりになればさらにお米の味が膨らみます。
 
1.8L 2,550(税別)
720ml 1,275円(税別)

☆ご注文はホームページから ⇒ http://kandaya.biz/suto.htm#ym68

f0220938_18435020.jpg

[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-01-26 16:22 | 日本酒

【青短の林檎酒】

f0220938_15333825.jpg


奈良県・八木酒造の超人気リキュール『花札シリーズ』。
梅酒は赤短、果実リキュールは青短のラベルで区分されていますが、今回入荷したのは青短シリーズの中の冬季限定品「青短の林檎酒」です。
 
奈良県の春日大社と所縁のある信州産のリンゴを原料にした、リンゴ特有の柔らかい口当たりと、濃厚でリッチ感のある甘味のあるリキュールです。
 
そもそもリンゴの酸味は柑橘系の酸味とは違って苦味を持たないので、ピュアな甘酸っぱさを感じて頂ける仕上がりになっています。
寒い季節ですが、暖房のよく効いた室内でオン・ザ・ロックでお楽しみ下さい。
 
1.8L 3,200円(税別)


http://kandaya.biz/tsukigase.htm#apple

f0220938_1534107.jpg

[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-01-26 15:34 | 梅酒&和リキュール
f0220938_13292143.jpg


「風の森」ファンの皆様の中にはすでにご存知の方も多いと思いますが、現在切らしている商品も含め、発売されている一升瓶の商品は全て720mlのみの蔵出しとなります。
 
この思い切った決断に至るまでには蔵元の色々な思いがございますが、最大の理由は『正真正銘の無濾過・無加水の生・原酒である「風の森」を、そのクオリティーを損ねることの無い状態で、お客様にお召し上がり頂きたい』ということです。
 
これまで一升瓶をお買い上げ頂いていたお客様にとっては実質的な値上げとなってしまいますが、どうか今後も引き続き「風の森」のご愛飲、お取り扱いをお願い申し上げます。
 
なお、現在品切れとなっている商品も3月上旬にはほぼ出揃いますので、もうしばらくお待ち下さいませ。
 

また、すでにご予約頂いている分を除き、弊店における今日現在の一升瓶の在庫数は下記の通りです。
ご購入をご希望のお客様は早目にご発注下さいませ。

※お取り置きは承りかねますので、どうかご諒承下さい。

 
・露葉風 純米大吟醸 ⇒ 28本
・秋津穂 純米大吟醸 ⇒ 9本
・山田錦 純米吟醸 ⇒ 4本
・雄町 純米 ⇒ 14本
・ALPHA type‐1 ⇒ 16本
f0220938_13284013.gif

[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-01-26 13:29 | 風の森
和歌山県・平和酒造の柴田英道杜氏。
平和酒造に入社してかれこれ20年近くなり、今や自他共に認める同社の大黒柱です。
 
『Shibata's』は「紀土」の代表作の一つでもある山田錦50%精米の純米大吟醸の中汲で、妥協を許さない柴田杜氏が『一番飲んで欲しい』と思った部分だけを選び抜いた杜氏セレクトのお酒で、「be fresh」=生酒と「be ambitious」=火入れ酒の2アイテムありますが、この度入荷したのは生酒の「be fresh」。
 
最初の一口目には新酒生酒特有の良い意味での粗さと爽やかさを感じます。
しかしながら本質的にはふくよかな旨味と淡く上品な香りを備えていて、杯を重ねていく内にそれを感じることができます。
もちろん後口のキレも良く、心地良い余韻が続きます。
 
紀土<Shibata's>~be fresh~
 
1.8L 3,600円(税別)
720ml 1,800円(税別)

f0220938_12433632.jpg

f0220938_12434353.jpg
f0220938_12435738.jpg

[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-01-21 12:50 | 日本酒
昨秋に「ひやおろし」1種類だけ取り扱ったことのある、愛媛県・首藤酒造さんの「寿喜心(すきごころ)」。
今年から直取引を始めさせて頂くこととなりましたが、その第1弾として入荷したのがこの<吟風>純米吟醸(生)です。
 
「吟風」は2000年に品種登録された、北海道産としては2番目の酒造好適米です。
「吟風」を原料としたお酒には味の丸さや柔らかさが特徴として表れ、本州産の代表的な酒造好適米に匹敵する高い酒造適性を持つと言われております。
 
さて、この「寿喜心<吟風>純米吟醸(生)」はサンプルを口に含んだ瞬間、私もカミさんも二人揃って「ほぉーっ!」「へぇーっ!」と声を上げたほどのクオリティー。
 
控えめで適度に熟した果実香、クリアーで口当たりの良い酸味と旨味がバランス良く調和していて、舌の上をスルスルと滑るように通った後は爽やかな余韻を口中に残しつつ切れて行きます。
 
1.8L 2,700円(税別)
720ml 1,350円(税別)
 

なお、弊店では「寿喜心」全商品の内、「山田錦」原料を3種、「雄町」原料を1種、他、全部で約10種類の商品を取り扱う予定です。
詳細はホームページをご覧下さい。
 
f0220938_12461447.jpg

f0220938_1246216.jpg

[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-01-20 12:44 | 日本酒

【謹賀新年】

新年 明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
本年も変わらぬご愛顧の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
実店舗、オンラインショップともに本日5日より営業を再開致します。
すでにたくさんのご注文をメールやFAXで頂戴しており、今年も順調なスタートが切れて喜んでおります。
年末より一部切らしている商品がありますが、順次発送させて頂きますので、商品到着までもうしばらくお待ち下さいませ。

[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-01-05 10:19 | 仕事全般