大阪府枚方市の『酒の神田屋』店主のブログです。商品の紹介や日々の徒然をそこはかとなく、妖しく、かつ物狂おしく書きつくっております。

by Kandaya de blog

<   2014年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

十六代 九郎右衛門

f0220938_20381342.jpg


この度、新たに取扱を開始する長野県の日本酒です。
大阪はもちろん、西日本全体を見渡しても馴染みの薄い銘柄だと思いますが、東京では年々評価が高まっている実力蔵です。
ここでは語り尽くせないほどの悲喜交々のエピソードが蔵元・湯川酒造店さんにはありますが、それは機会を見て追々…。

初回の入荷分は下記の4銘柄です。
ホームページにはいずれ掲載致しますが、まずは先行案内ということで、このブログ上で紹介させて頂きます。

※画像の左から順に…


☆純米吟醸<山田錦>(瓶燗) 1.8L @3600、720ml @1800

兵庫県・東条町産の山田錦を100%使用(精米歩合55%)。
適度な酸味と、透明感あふれるキレイな飲み口、ほのかな洋梨のアロマ、程好いトロミ…。
火入れ酒でありながらこのフレッシュ感は凄いです。
うん!これは旨いっ!!

☆純米吟醸<雄町>(無濾過、生) 1.8L @3400

岡山県産・備前雄町を使用(精米歩合55%)。
スッキリ滑らかな口当たり、フレッシュな酸味が心地良い。
淡いチョコレートのような香りがほのかに漂う旨酒です。

☆山廃純米<美山錦>(無濾過、生) 1.8L @2600、720ml @1300

ブラインドでテイスティングした際に、不覚にも山廃と見破れなかったほどの飲み口のキレイな「山廃純米」です。
生酒ですから冷えた状態か、少し温度が上げた15℃くらいがベストな飲み頃だと思いますが、実はヌル燗もGoodです。

☆特別純米<ひとごこち>(火入れ) 1.8L @2500、720ml @1250

ともに長野県産の酒造好適米である「ひとごこち」(75%)と「美山錦」(25%)を使用。
嫌味の無い甘酸っぱさに好感が持てる、蔵の定番酒です。
そのまま常温か、少し冷やしてお召し上がり下さい。
[PR]
by hirakata-kandaya | 2014-08-22 20:39 | 日本酒