大阪府枚方市の『酒の神田屋』店主のブログです。商品の紹介や日々の徒然をそこはかとなく、妖しく、かつ物狂おしく書きつくっております。

by Kandaya de blog

<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ジャパンカップ(GⅠ)

f0220938_2052664.jpg

明日はいよいよジャパンカップ。
あまり深く考えずに、今年は直感で下記の4頭に絞りました。

オルフェーブルは鞍上がスミヨンから主戦の池添に戻ってのこの一戦。
早目に抜け出して差し返された凱旋門賞の結果を見て、池添の心中には大いに期するものがあるでしょう。
見事に勝利して、オーナーサイドである社台ファームの連中に「どやっ!?」と言いたい気持ちは痛いほどわかるけど、余計なことを考えてたら今度は隣枠のスミヨンが同じく「オルフェーブルはオレのもんじゃ!」と虎視眈々と出し抜けを狙ってくるでしょうから、ここは一つ無心になってレースに臨んでほしいもの。

トーセンジョーダンはスミヨンが鞍上。
昨年のこのレースが2着でその前走の天皇賞が1着というあたりはさすがにジャングルポケット産駒。
前走の大敗は度外視してもイイかも…。

フェノーメノは現3歳牡馬最強。
ディープブリランテの主戦騎手の岩田がかつて、「秋になったらアッチ(フェノーメノ)のほうが強くなってるかも…」と語っていたほどの素質馬で、この秋2戦の結果がそれを実証してますね。

ジェンティルドンナはその岩田騎手が「計り知れない可能性を秘めた馬」と最大級の賛辞を贈っているほどの、今年の牝馬クラシック3冠馬。
牝馬3冠レースでずっとこの馬の2着だったヴィルシーナが、ジェンティルドンナ不在の前走エリザベス女王杯において、初の古馬との対決でありながら勝ち馬とタイム差無しの2着だったことからも、ジェンティルドンナが少なくとも古馬を含めての現役牝馬最強であることは疑う余地も無いと思います。
果たして、ウォッカ、ダイワスカーレット、ブエナビスタ級の馬なのかどうか?
ここが試金石となるレースですな。


これだけごちゃごちゃと講釈を並べ立てて当たらんかったらまたまた大恥ですが、とりあえず予想フォーカスもアップしときますんでご参考までに…。

オルフェーブルを軸に、フェノーメノ、ジェンティルドンナ、トーセンジョーダンを相手に3連単で…

⑰→④→⑮
⑰→④→⑯
⑰→⑮→⑯
⑰→⑮→④
⑰→⑯→④
⑰→⑯→⑮



◆追記
(↓)馬券です。
当たれば37倍~620倍だそうですが…(笑)


f0220938_10523613.jpg



◆レース後記

最後の直線、おそらく池添は早目に抜け出して、ジェンティルドンナを内に閉じ込めて脚を封じようとしたんでしょう。
一方の岩田も、そうはさせじと一か八かの勝負に賭けたところがご覧の通りのラフ・プレイとなったというところですかね。

この時点ではまだ確定してませんが、到達順位通りなら1着⇒2着⇒5着2着⇒1着⇒5着ということで、またもやハズレとなりました。m(__)m

それにしてもジェンティルドンナは天晴れ!
レース前にフェイスブックにコメントを入れましたが、返し馬を見た時の彼女の走りっぷりが全盛期のトウショウボーイを彷彿とさせるような天翔ける走法で、ゾクッ!としました。
やっぱり岩田騎手の見立て通り、コイツは化け物でした。



◆レース結果

 1着 ジェンティルドンナ
 2着 オルフェーブル
 ・
 ・
 5着 フェノーメノ
 6着 トーセンジョーダン

[PR]
by hirakata-kandaya | 2012-11-24 20:55 | ギャンブル

忘年会、やります!

 【追記】

20日(火)18:30現在の参加予定人数は25名様となりました。
最終締切は一日延長して明日の午後6時とさせて頂きますので、何卒宜しくお願い致します。


--------------------------------------------------------------


さてさて、既報の通り今週23日(金)は弊店主催の忘年会です。
某家電メーカーの団体さんのキャンセルや、飲み会の常連の方の不参加があったりして、当初の予定よりは淋しくなりましたが、総勢20名ほどのお客様がご参加下さることとなりました。

もちろん今からでも遅くはありませんよ!
明日の正午が最終の締切ですから、参加ご希望の方はご来店の際に店主に直接お申し込み頂くか、或はメール(info@kandaya.biz)にてお申し込み下さい。

なお、当日に用意するお酒は現時点では下記の通りです。


【日本酒】…すべて23BYです。

 ・風の森<笊籬採り>(雄町)
 ・片野桜<山廃純米>(2012ワイン・チャレンジ銀賞受賞酒)
 ・車坂<魚に合う吟醸酒>
 ・神開<純米吟醸・無濾過、中汲>
 ・獺祭<純米大吟醸45>
 ・田光<純米吟醸・中取り>(雄町)

【本格焼酎】

 ・太久保(黄麹仕込)
 ・甕御前(新バージョン)
 ・三岳 25度
 ・揺籃


--------------------------------------------------------------

― 「酒の神田屋」忘年会の概要 ―

 ☆日時:平成24年11月23日(金) 18時00分~(L.O:深夜0時)

 ☆場所:火のや温(http://www.hinoya-on.jp/
        〒573-1191
        枚方市新町1-2-10 枚方テイクスリービル3F
        TEL:072-844-0051
        (京阪「枚方市」駅 北口 徒歩1分)

 ☆会費:5,000円+α(飲み放題&お料理付き)

[PR]
by hirakata-kandaya | 2012-11-19 16:21 | 仕事全般

芋掘り

毎年この季節になると、某焼酎メーカーさんが芋焼酎の原料であるコガネセンガンを送って下さいます。
これまでは、我が家で食したり、一部のお客さんにお裾分けしたりしてたんですが、昨年はこれを増産してやろう目論見まして、ご近所のお客様でもある某私立保育園の園長先生にお願いし、同園が借りられている畑で栽培を試みました。

そして今日、定休日を利用してその収穫に行ってまいりました。
f0220938_17592159.jpg

f0220938_17594664.jpg


f0220938_1809100.jpg

約束の時刻に伺うと、すぐに園長先生がお出迎え下さり、早速作業に取り掛かりました。

…が、、、

f0220938_1803991.jpg

丸々と太った、例えれば信楽焼の狸の〇ン〇マのような大きさのお芋さんを期待していた私の予想に反し、地中から出てきたのはご覧の通りの小さなお芋さんばかりで、私も園長先生もやや拍子抜け。

う~~~ん、、、何が原因なんでしょうか?
園長先生にコーヒーを呼ばれながらあれこれ原因を突き止めようとしましたが、結局は判らず終いで、この件は来春までの課題となりました。

帰宅後、西酒造のUクンに電話で訊ねたところ、植え方やその時期についてのアドバイスを頂き、さらに「また後日に、マニュアルのようなものを送りますよ」とのありがたいお言葉。

よし!
この失敗を教訓に、来年こそはリベンジを果たし、

『黄金色のお芋さんが、トラックにドバッと満載だァーッ!』

…となればイイんですけどねェ~。。。


末筆ながら、この一年間は苗の世話から夏場の雑草抜きやお水やり、そして収穫まで大変お世話になりましたH園長先生に、心より御礼申し上げます。
[PR]
by hirakata-kandaya | 2012-11-09 00:10 | 本格焼酎
f0220938_111418.jpg


「侍士の門<益々繁盛ボトル>」が先日入荷し、ご予約頂いておりましたお客様への発送がすべて完了しました。
そして、先ほどそれぞれのお届け状況をネットで検索したところ、あと一軒を除いてどうやら無事にお届けできたようですね。

ここのところ発送商品の破損が続いておりまして、この「侍士の門<益々繁盛ボトル>」のような受注生産商品は破損されても代品が無いのでやきもきしておりましたが、ようやく安堵致しました。

次回の蔵出しは来春3月で、来月からご予約を承りますので、今回買いそびれたお客様はお早目にご予約下さいませ。

 ☆商品紹介ページ ⇒ http://kandaya.biz/samurai.htm#samurai4500

f0220938_111772.jpg
               (↑)4.5㍑は壮観です!


f0220938_11172347.jpg
              (↑)専用木箱(別売)
[PR]
by hirakata-kandaya | 2012-11-08 12:01 | 本格焼酎