f0220938_17131513.jpg

毎年恒例の『天満天神梅酒大会』が、今年も開催されます。
6回目の今年は梅酒部門、リキュール部門ともに過去最高の出品数となり、一層盛大な催しとなりそうです。
私は16日(木)の正午~14時の時間帯(予定)に同会場におりますので、寒空にめげずに地肌をさらして梅の花を愛でている私を見つけられた方はお声をお掛け下さいね。

なお、入場料は当日700円ですが、弊店にて前売り券(500円)を販売中です。
また、本日1/27(金)より弊店にて梅酒及び和リキュール(一部の商品を除く)を3000円以上ご購入頂いたお客様(先着20名様限り)には無料で前売り券を進呈致します。


f0220938_16565064.jpg


☆開催期間、及び時間
  2012年2月15日(水)~2月21日(火)の10:00~16:00

☆出品酒
  梅酒部門 : 300種類以上
  リキュール部門 : 150種類以上

☆奉納式
  2012年2月15日(水)9:30 大阪天満宮 本殿にて

☆表彰式
  2012年3月4日(日)13:00 大阪天満宮 本殿にて

☆開催場所
  大阪天満宮境内(大阪市北区天神橋2丁目1番8号)

☆大阪天満宮のホームページ
  http://www.tenjinsan.com/

☆大阪天満宮へのアクセス
 (⇒ 遠方の方は公共の交通機関をご利用下さい)

  地下鉄谷町線・堺筋線「南森町」駅 4番出口
  JR東西線「大阪天満宮」駅 3番出口
f0220938_1721045.gif

[PR]
by hirakata-kandaya | 2012-01-27 17:14 | 梅酒&和リキュール

「獺祭」、続々と入荷

昨年末以来、品切れを頻発してご迷惑をお掛けしておりました「獺祭」の各商品が、ここへきて続々と入荷しております。

現時点では、、、

  ・遠心分離 磨き二割三分(火入れ&おりがらみ生) 1.8L
  ・遠心分離 磨き二割三分(おりがらみ生) 720ml
  ・遠心分離 50%精米(火入れ) 1.8L

  ・純米大吟醸 磨き三割九分(火入れ) 1.8L&720ml
  ・純米大吟醸 45%精米(火入れ) 1.8L
  ・純米大吟醸 寒造早槽(生) 1.8L&720ml
  ・純米大吟醸 50%精米(火入れ) 1.8L
  ・純米大吟醸 温め酒 1.8L&720ml

  ・スパークリング 磨き二割三分 720ml
  ・スパークリング 磨き三割九分 360ml
  ・スパークリング 50%精米 720ml&360ml


…などの在庫がございます。
完全復活までアト少しです!

なお、今後しばらくは「獺祭」の紹介ページの入荷、及び在庫の情報を毎日更新致しますので、ぜひ小マメにチェックをお願い申し上げます。

 ☆「獺祭」の紹介ページはコチラ ⇒ http://kandaya.biz/dassai.htm


f0220938_18251331.jpg

[PR]
by hirakata-kandaya | 2012-01-17 18:25 | 獺祭(だっさい)

そして、三日目

あっと言う間にお正月三日目を迎えました。
前日と同じくお雑煮を平らげた後、この日は伏見稲荷の参拝を兼ねて再び京都へ。

真昼間は大勢の参拝客でゴッタ返していると思い、先に昼食を摂ろうよということで向かったのが、京都市内でも特に人気のあるホテル「ハイアットリージェンシー」。

お正月もフル回転の家内は「はい、やっとくつろげるしー」てなことで、その慰労も兼ねて予約を入れておいたのが同ホテル内にある和食レストラン「東山(とうざん)」。

京都の古民家をコンセプトにデザインされたらしく、非常に居心地の良い空間。
f0220938_14392227.jpg

しかも、案内されたのがガラス越しに枯山水の日本庭園が観覧できる窓際の席でしたので、味覚だけでなく視覚も大いに楽しませて頂きました。
f0220938_14381673.jpg


もちろん、親父殿もご覧の通り上機嫌(当ブログ初登場♪)
f0220938_14371083.jpg


蛇足ながら、ここでのお会計はこの私が済ませておきました。


そして、ホテルを後にした一行は一路「伏見稲荷」へ。
しかし、、、参拝客はいっこうに途切れることはなく、神社の周辺は自動車は通行規制でしかたなく断念。
昨年のリベンジを果たすところを親父に見せてやりたかったんですがそれも叶わず、結局帰途にある成田不動尊へ交通安全の祈願に参拝し、帰宅しました。

ところで、この日は親父の84歳の誕生日。
前日に家内が買い求めていたマフラーをプレゼントされて上機嫌の親父が、『夜はステーキ食べに行こうや』。
ハードスケジュールの息子も、せめて一日くらいは顔を見せよかと言うので、帰宅途中の息子を最寄の駅まで迎えに行き、今度は4人で近くのファミリーレストランへ。

2センチほどの厚さの肉を一番早く平らげた後、サラダバイキングでてんこ盛りにしてテーブルに持ち帰ったフルーツをズルズルズルと音を立てて丸呑みした親父と、それを横目に見ながら背筋をゾォ~とさせる3人。


こうしてこの三日間はしっかりと親父の生存を確認し、我々は帰路についたのでありました。


【補足】
伏見稲荷では見事に『一位通過』を果たしました!(笑)
[PR]
by hirakata-kandaya | 2012-01-13 14:02 | 家族

さて、二日目…

翌1月2日も朝から親父の待つ実家へ。
家内手作りのすまし雑煮(お餅が2個入り)をペロリと平らげ、「餅、もう1個くれへんか?」
100歳まで生きよるな、これは…(笑)。

当初の計画では『2日と3日は近場の温泉旅館で一泊』の予定でしたが、親父の大好きな有馬温泉はどこも予約で一杯で、やっとこさ予約が取れたのが北摂(大阪府北部)の某旅館。

このことを親父に報告したところが、私が子供の頃に家族で訪れた際に大変嫌な思いをしたそうで(その辺については私は記憶が無い)、その時のトラウマがあるのか、「アカンアカン!あんなとこ絶対に行かんからな!」と一蹴。

そんなわけで年末からあれこれ思案をめぐらせていたところ、私の目に飛び込んできた新聞の広告欄。
「おっ!正月は開催してたんや♪」
そして、父と二人でタクシーに乗って向かった先はコ・チ・ラ(↓)。

f0220938_13395771.jpg

f0220938_13401535.jpg


何とか暖房の効いた席も確保し、朝の第3レースから最終11レースまで観覧致しました。
馬券のほうは、、、親父は+10000円ほど(往復のタクシー代でチャラ)、そして私は-8000円。
生涯初の園田競馬観戦で得た格言は、「園田競馬はめったに荒れません」(笑)

帰宅した頃にはもうすっかり陽も暮れておりまして、我々の留守中は自身の実家を訪問していた家内は一足先に親父宅に戻って夕食の準備をしてくれておりましたので、ほとんど間を置かずに食事の開始。
この日は親父が用意していたズワイガニのカニすき。
食べ終えてからカニさんの足の本数を数えたら…って、ま、エエか。(笑)
[PR]
by hirakata-kandaya | 2012-01-12 13:21 | 家族

謹賀新年

すでに松飾りを取られたご家庭も多くいらっしゃるとは存じますが、あらためまして新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

昨年は、前半は東日本大震災の影響で前年並みに止まりましたが、後半は前年を超える売上を達成することができました。
特に12月は、料飲店さん、ネット販売、店売りの全てが好調で、おかげさまで大変イイ気分で新年を迎えることができました。

…が、年末の忙しい最中にマナーモードにしていた私の携帯には父親からの着信履歴がズラズラズラッ!と、親父殿、貴方は一体何ずら?
用件は、『正月三が日の食事の面倒をみてチョンマゲ』というお話。

二年前に母が他界して以来、独り住まいの父。
普段は介護ヘルパーさんにお願いして昼・夜の食事の世話をして頂いているものの、さすがにお正月期間中はそれも頼めず、結局は昨年に続いて我々夫婦が面倒をみることに相成りまして、そのことは11月末に家内ともども快諾して親父にハッキリと伝えていたにもかかわらず、いよいよその時期が迫ってきて不安になってきたんでしょうな。

本来なら、昨年と同様に我が家に寝泊りして頂くところではありますが、今年は高校3年生の息子が大学受験を目前に控えて一杯一杯の状況で、当のご本人は年末年始も一日の休みも無く学校へ登校。
その息子に付き合って家内は毎朝5時起きという禅寺の修行僧のような毎日で、その上に親父が寝泊りに来て昨年のように家内が『トイレのカミさん』となっては親父よりも先にこっちが逝ってしまいますがな。
ゆえに、今年の正月三が日は我々が寝屋川市の実家へ足繁く訪問し、親父の世話をさせて頂きました。


まずは元日。
あらかじめ用意しておいたおせち料理を持参して実家に到着。
おせち料理と、親父宅で家内が用意したお雑煮に舌鼓を打つ親父。
齢84歳でありながら私にも勝る旺盛な食欲…。
絶対に私よりも長生きするやろなァ~。

お腹を満たした後は恒例の初詣。
「酒の神田屋」の初詣の慣習は、城南宮、伏見稲荷、石清水八幡宮、成田不動尊の4ヶ所ですが、足腰に難のある親父と一緒なのでこの日は城南宮さんへ。

社殿の改築中でいつもとは勝手が違い、しかも不景気の影響か例年よりも参拝客が多く、祈祷所までは長蛇の列。
並んで待つのが大嫌いな典型的大阪人の我々も、相手が神様ともなれば忍の一字。
結局、待つことおよそ1時間でようやく祈祷所に辿りつけました。

ところで、この度の社殿の改築に対して親父の名前(東谷藤次郎)で城南宮さんに寄付しておきましたが、その御礼の掲示板がコレだ。
f0220938_20102296.jpg

f0220938_20122051.jpg

これから参拝されることがあれば、どうか見てやって下さい。

参拝から帰宅後は実家に戻ってすき焼きを頂きましたが、果たして肉を一番たくさん食べたのは誰でしょう?(笑)


(続く)
[PR]
by hirakata-kandaya | 2012-01-11 18:56 | 家族