大阪府枚方市の『酒の神田屋』店主のブログです。商品の紹介や日々の徒然をそこはかとなく、妖しく、かつ物狂おしく書きつくっております。

by Kandaya de blog

<   2010年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

日本ダービー

f0220938_1836535.jpg


競馬からはすっかり足を洗った私ですが、「せめてダービーくらいは…」と悪い虫がざわつきましたので、簡単に予想をば…。

今年は史上稀に見るハイレベルなダービーだそうで、なるほど有力各馬の戦績や血統を見るとさもありなん。
ただ、こういう年は色々と人気馬のアラ探しをして自分で勝手に『混戦ダービー』に持っていこうとする穴党がいるもんですが、結局終わってみれば人気通りに治まるケースが多いもんです。

…で、私の予想は、、、

 ◎ ⑦ヴィクトワールピサ
 〇 ③ルーラーシップ
 ▲ ⑨ペルーサ
 △ ⑰トゥザグローリー
 × ⑤コスモファントム


〇③ルーラーシップですが、エアグルーブの仔は春先はあまり活躍できない馬が多いにもかかわらずコイツは例外のようなので対抗に抜擢。

△⑰トゥザグローリーは私の大好きだったトゥザヴィクトリーの仔というだけの理由です。

あと、龍馬ブームにあやかって「⑥アリゼオの単も有りぜよ!」と思ってましたが、皐月賞でのあの頭の高い走法からみると、どうやら短距離向きかなァ~と思ったので切りました。


さて、結果は如何に?


【レース結果】

f0220938_17382248.jpg
f0220938_17383532.jpg


 1着:①エイシンフラッシュ
 2着:⑧ローズキングダム
 3着:⑦ヴィクトワールピサ
 4着:⑬ゲシュタルト
 5着:③ルーラーシップ
 6着:⑨ペルーサ
 7着:⑰トゥザグローリー
  ・
  ・
10着:⑤コスモファントム

…てなことで、今回もハズレでした。
次回は年末の『有馬記念』でお会いしましょう。(T T)
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-05-29 18:44 | ギャンブル

請福梅酒

我々ヤマトンチューが昔から多大なるご迷惑をお掛けしている沖縄県民の皆さんへお詫びの気持ちを込めて、この度新しい梅酒を取り扱うことになりました。

今年2月の【第4回 天満天神梅酒大会】において第5位に入賞した、沖縄県は石垣島の泡盛メーカー・請福酒造さんが作った梅酒です。

f0220938_19172382.jpg


 ☆紹介ページはコチラ ⇒ http://kandaya.biz/seifuku.htm


また、我が国最大の米軍基地である嘉手納基地を有する沖縄県中部に工場を持つ新里酒造さん製造のこんな面白いスピリッツも取扱を始めました。

f0220938_19201463.jpg


沖縄県民の方の中には泡盛をコーヒーで割って飲まれる方も少なくないと、沖縄ご出身のあるお客様に伺いましたが、実際にこんなお酒があったとは知りませんでした。

ブラックコーヒーと泡盛を融合させたこのお酒は、コーヒーの香りも十分に愉しめて、しかもノンシュガーですのでとってもヘルシーで、泡盛が苦手な方にもお奨めです。

ジャズ喫茶を連想させるラベルデザインもGood!ですね。
(「小鼓」「アルガワイン」と同じデザイナーか?)

ビターな味わいを好む方は、水:コーヒースピリッツ=7:3で、また、水の代わりに牛乳を混ぜればマイルドな味わいも楽しめます♪ 

価格は@1701(税込)です。
近日中にホームページにも掲載致しますが、ご注文は今でも承っております。


もっとも、、、ジャズもイイけど、沖縄のお酒にはやっぱりこの曲やなァ、村田さん?(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=h9Lg3dHFfsM&feature=related

♪イィーヤァーサァーサァーッ!
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-05-24 19:32 | 梅酒&和リキュール

大阪酒の陣2010

f0220938_1857379.jpg


今年で第4回を迎える「大阪 酒の陣」が下記の通り開催されます。
約30軒の名醸蔵の蔵元さんも参加され、毎年300人を超えるお客様で賑わう日本酒の祭典ですので奮ってご参加下さい。

【開催要項】

  ・日時:6月6日(日曜) 午後6時~午後8時30分
   (受付開始:午後5時15分/開場:午後5時45分)
  ・会場:ホテル阪急インターナショナル 4階 紫苑の間
  ・会費:お一人様1万円(税込/特製 酒の肴付)
 
 ☆立食ではなく着席スタイルで、同ホテルのコース料理をお楽しみ頂けます。

前売券は、『酒座てんまみち』さんにて大好評販売中ですが、弊店へお申し込み下さってもかまいません。

ご住所・お名前・ご参加人数をお書き添えの上で、メール(info@kandaya.biz)でお申し込み下さい。
折り返し、会費の振込先をお知らせ致します。
なお、6月4日(金)までにご入金が確認できない場合はご予約とは認められませんのでご注意下さい。

※当日券はありませんので、お買い求めはどうかお早めに!
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-05-22 18:58 | 日本酒

続々入荷!

季節商品を含め、限定出荷商品が続々入荷しております。
簡単に商品名+画像だけで紹介しておきますね。

◆パープル・タイガー 1.8L @2835(税込) ※店頭販売のみ
f0220938_17175642.jpg


◆白天宝山 1.8L @2960(税込)
f0220938_1641356.jpg

http://kandaya.biz/nishi.htm#hakuten

◆鶴梅 夏みかん 1.8L @3150(税込)、720ml @1575(税込)
f0220938_17191796.jpg

http://kandaya.biz/tsuru-ume.htm#mikan

◆純米吟醸「田心房」 1.8L @3150(税込) ※弊店オリジナル
f0220938_17235931.jpg

http://kandaya.biz/naniwa.htm#den


また、来月早々には今年度の全国新酒鑑評会にて金賞を受賞した大阪の2蔵(浪花酒造、山野酒造)の『斗瓶取り大吟醸』が入荷しますので、どうぞお楽しみに♪
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-05-21 23:30
「獺祭」の旭酒造さんが毎月予約制で蔵出ししている「獺祭<遠心分離>“おりがらみ”」が本日入荷しました。

「おりがらみ」について簡単に説明させて頂きますと、、、
日本酒の製造工程の最後は上槽(じょうそう)と呼ばれる作業で、タンクの中のモロミをお酒と酒粕とに分離させるわけですが、この段階ではお酒はまだ細かいオリ(細かい粒子)が残った“うすにごり”の状態です。

その状態から、例えば斗瓶に貯蔵しながらオリを沈殿させ、その上澄み部分が清酒となるわけですが、その作業を「オリ引き」と呼びます。

また、オリ引きした後の酒にも、極めて微粒子のオリが残っていますので、これを装置を使って除去する作業のことを濾過といいます。

「おりがらみ」は、そのオリを残したまま瓶詰されたお酒のことですが、オリの配分量については特に定められているわけではありませんので、“どぶろく”に近いお酒もあれば、ほんの“うすにごり”状態のお酒もあります。


今回入荷したのは「遠心分離シリーズ」の「三割九分(精米歩合39%)」と「精米歩合50%」の2種。
通常「おりがらみ」というと、新酒特有の若やいだ、ややガス臭の効いた苦味のあるお酒を連想される方も多いかと存じますが、この「獺祭<遠心分離>“おりがらみ”」はまるで熟成酒を想わせる落ち着いたまろやかな味わいで、「獺祭」の「遠心分離シリーズ」の中でも特に人気のあるラインナップです。

f0220938_23272183.jpg
f0220938_23273943.jpg

         (上)「三割九分(精米歩合39%)」、(下)「精米歩合50%」

f0220938_23275191.jpg

         (↑)ボトルの底の部分にオリが溜まっています。


なお、価格はそれぞれのノーマルバージョンと同じです。

 ☆「獺祭<遠心分離>磨き三割九分“おりがらみ”」 @5985
 ☆「獺祭<遠心分離>精米歩合50%“おりがらみ”」 @3360

☆ご発注は紹介ページから ⇒ http://kandaya.biz/dassai.htm#origarami


◆ご予約受付中

 来月早々には「獺祭<発泡にごり>磨き三割九分」の720mlサイズが入荷します。
 (現行は360mlサイズのみ)
 @3150(税込)ですので、ぜひお申し込み下さいね♪


 ☆ご予約は紹介ページから ⇒ http://kandaya.biz/dassai.htm#spa39
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-05-20 23:34 | 獺祭(だっさい)

コウテイエキ?

…というからてっきりコレのことかと思ったらとんでもなく深刻なお話でしたわ。

詳しい情報は、宮崎県の山崎牧場さんのブログ(↓)に詳しい情報が記載されてありますのでご覧下さい。

べぶろぐ(山崎牧場日記)
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-05-17 23:58 | 仕事全般

意賀美神社

「おかみじんじゃ」(又は「おがみじんじゃ」)と読みます。

京阪電鉄の枚方市駅と枚方公園駅との丁度中間点辺りの、淀川とは線路を挟んで反対方向の小高い丘(万年寺山)にある神社で、主祭神は高龗神(たかおかみのかみ)(※)という日本神話に登場する水の神様で、有名なところでは京都の貴船神社もこの高龗神が祭神であるそうです。
境内には約100本の梅の木が植えられていて、地元では有名な梅の名所となっています。
f0220938_23433738.jpg


また、境内にはこんな東屋(↓)もあって、ここからは淀川の流れや対岸の景色が一望でき、よく晴れた日には遠く大山崎まで望むことができます。
f0220938_23503081.jpg


f0220938_23471812.jpg


我が家からは高塚町-上之町を経由して徒歩で約20分ほどのところにあり、この万年寺山を下りて線路を渡ると、そこは旧東海道(京街道)・枚方宿一帯です。

夏になったら早起きして、運動不足解消の為にこのルートで早朝散歩しようかな、と考えております。
とりあえず今は…(笑)。



(※) 『古事記』では淤加美神、『日本書紀』では龗神と表記するそうです(「龗」⇒"雨"冠に"龍")。

Wikipedia:「意賀美神社」及び「淤加美神」参照
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-05-14 23:55 | 我が町の紹介

久しぶりに…

西酒造(株)の県外担当営業の内山大輔クンが約2年ぶりに弊店にご来訪。
今回は新人さんで「薩州宝山<三段仕込>」の製造スタッフの一員でもある前迫クンと同行。

話の中心はこの度新発売の「薩州宝山<三段仕込>」を

     『頑張って売って下さい!』

…とのことで、熱弁を奮う内山クンを見ながら『しばらく見ない間に随分と立派になったなァ~』と感慨にふける神田屋オヤジでした。


営業活動が終了したところで恒例の記念撮影です。

f0220938_17554210.jpg

いやぁ~、実に絵になる男ですなァ~。

それにしても、しばらく見ない間に体型までが随分とご立派になられてェ~(笑)

ちなみに、、、3年前の内山クンは、というと…(↓)
f0220938_17545825.jpg



目指せ! 0.1㌧!!(笑)


【追記】

皆さんからご質問の多かった<綾紫印>、<白豊印>、<紅東印>の読み方ですが、それぞれ普通に「あやむらさきじるし」「しろゆたかじるし」「べにあずまじるし」と読むそうです。
命名はもちろん、西陽一郎社長です!
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-05-12 20:18 | 本格焼酎

鶴梅 夏みかん

待望の「鶴梅 夏みかん」が、例年より早く今月下旬に入荷することとなりました。
本日よりご注文(ご予約)を承りますので、じゃんじゃんご発注下さい!

f0220938_12564018.jpg




 ☆ご発注はコチラから ⇒ http://kandaya.biz/tsuru-ume.htm#mikan


【追記】
入荷日が20日(木)に決定しました。
ご予約頂いているお客様へは最短で21日(金)にお届けできます。

[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-05-11 12:57 | 梅酒&和リキュール

臨時休業のお知らせ

本日は、【京都・獺祭の会】に参加の為、臨時休業とさせて頂きます。

ご来店下さったお客様にはこの場にてお詫び申し上げます。m(__)m

f0220938_1054222.jpg



なお、【京都・獺祭の会】の模様は「獺祭」のメーカー・旭酒造さんのホームページで紹介されています。
⇒ http://asahishuzo.ne.jp/info/report/item_1161.html
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-05-09 10:54 | 獺祭(だっさい)