大阪府枚方市の『酒の神田屋』店主のブログです。商品の紹介や日々の徒然をそこはかとなく、妖しく、かつ物狂おしく書きつくっております。

by Kandaya de blog

<   2010年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

皆さん、かんばんは!

弊店の店外にはこれまで垂れ幕と木製の看板しかなく、遠目には何の店か分かりにくいと不評をかこっておりまして(笑)、実際、和食の料理屋さんや居酒屋と間違えられた方もたくさんいらっしゃいました。

当初は「それもまた良し」と思ってたんですが、GW中にはかなりの方が地元以外から「ひらパ~」へご来園になられるので、「ここはやはり…」と開店から一ヵ月半にしてようやく看板らしい看板を取り付けることにしました。

                      それが、、、これだ!

f0220938_23533173.jpg


                    夜になるとこんな感じです。(↓)

f0220938_23542166.jpg
f0220938_23543713.jpg



これで一気に売上倍増だァーッ!!(笑)
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-04-30 23:55 | 仕事全般
「酒の神田屋」の周辺には日頃からワインを嗜まれる方が非常に多いようで、おかげさまでその恩恵を蒙っております。
中でも特に、ウチのワインアドバイザー一押しのこのオーストラリア産ワイン(↓)が大人気で、すでにリピーターもたくさんいらっしゃいます。

f0220938_1875137.jpg



新店舗のオープンに先立つ2月。
お世話になっているワイン商社の展示会に参加した神田屋専属ワインアドバイザー(我が女房殿)。
自慢ではありませんが、その展示会で過去に家内が「これは美味しい♪」と認めたワインの殆どが、その時点では無名でも数年後には必ずと言ってもいいほどヨーロッパのワインコンクールで金賞や銀賞を受賞しております。

その家内が展示会から戻った後、例年以上に興奮した口調で、、、


            「これは良かったよー!」


…と私に教えてくれたのがこの「リンカーン・エステイト」なんです。

純粋に味だけを評価すれば2000円以上の値がついてもおかしくないほどのすばらしいこのワイン、輸入業者のセールス・トークによれば、「カジュアルで手頃な価格のワインを…」という市場の要望に応えるべく、使用するボトル・ラベル・パッケージング・キャンペーン費など、抑えられるコストは全てカットしたおかげで驚きの価格設定が実現した、とのことです。
スクリューキャップですから取扱がとても楽で、料飲店さんからもご好評を頂いております。

このブログをご覧の貴方、ぜひ一度お試し下さいね。


   ☆紹介ページ ⇒ http://kandaya.biz/lincoln.htm


☆ケース単位でのご発注ならさらにお得!!(↓)
f0220938_18195983.jpg

[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-04-28 00:00 | ワイン

この御方は?

話は約一ヶ月ほど遡りますが、弊店が店頭、及び道路側の壁にに掲げてある「桐野」と「侍士の門」の垂れ幕をご覧になって、興味をそそられてご入店になられたご近所にご在住のOさんというお客様。

私と会話を交わした後、ご自身用に「侍士の門」、そして知人の方へ差し上げるのに「桐野」をお買い求めになられました。

そして先日のこと、Oさんがその知人の方を伴って再びご来店。

その知人の方というのがこの御方(↓)
f0220938_0185923.jpg


そして、この御方がご自身の所有される大切な武具を私の為にご披露下さいました。

f0220938_0245891.jpg

実は昨日の夕方にこの御方から直接お電話を頂きまして、GW中に会食することとなりました。
貴重なお話を拝聴できそうで今から楽しみにしております。


さて、この御方はどういう方であるか?
それは後日のこのブログにて…。


f0220938_0262234.jpg

[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-04-27 00:27 | 本格焼酎

そして今度は…

                    コイツ(↓)が入荷しました。
f0220938_23482161.jpg


◆薩州宝山<三段仕込>1.8L @1900(税込)

早速試飲しましたが、、、

         イケてる!!

f0220938_23535272.jpg
 ☆紹介ページ ⇒ http://kandaya.biz/nishi.htm#sassyu


…ということで、今日現在の西酒造の季節限定品の在庫状況、及び今後の入荷情報を以下に記載しておきますね。


  ・芋麹全量 @3850 ⇒ 在庫有り
  ・芋麹全量<綾紫> @3850 ⇒ 在庫有り
  ・蒸撰綾紫 @3730 ⇒ 売り切れ(720mlは在庫有り)
  ・綾紫印 @2920 ⇒ 在庫有り
  ・蒸撰白豊 @3730 ⇒ 売り切れ(720mlは在庫有り)
  ・白豊印 @2920 ⇒ 在庫有り
  ・蒸撰紅東 @3730 ⇒ 5月中旬に入荷予定
  ・紅東印 @2920 ⇒ 5月下旬に入荷予定
  ・白天宝山 @2960 ⇒ 5月上旬~中旬に初回蔵出し分が入荷予定
  ・薩州宝山<三段仕込> @1900 ⇒ 在庫有り

[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-04-26 23:54 | 本格焼酎

いよいよ…

                    コイツ(↓)が入荷します!

f0220938_211457100.jpg


「芋麹全量<綾紫>」(@3850)です。
たぶん、明日23日(金)に入荷するはずですので、どうぞお楽しみに♪

 ☆「芋麹全量<綾紫>」 ⇒ http://kandaya.biz/nishi.htm#imokouji-aya
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-04-22 21:17 | 本格焼酎
先月の「綾紫印」に続き、今度は「白豊印」が入荷しました。
ご予約頂いていたお客様には順次発送させて頂きます。
また、店内にて試飲も行なってますのでいつでもお申し付け下さい。

f0220938_10483321.jpg


 ☆紹介ページ ⇒ http://kandaya.biz/nishi.htm#mark-shiro
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-04-19 10:48 | 本格焼酎

ホンダ“TODAY”

弊店の所在地である菊丘町は、最寄り駅の「枚方公園」駅へ向かってなだらかに下っている坂の途中にある町で、例えば駅前周辺に用事があって自転車を利用する時は、「行きはヨイヨイ、帰りは怖い」となります。

また、逆方向の山之上西町(菊丘町の東南方向一帯に広がる超高級住宅街)を経由して香里団地方面へ行く時には「行きも帰りも怖い」ほどUP&DOWNの激しいところ。

まぁ車を利用すればわけないんですが、「わざわざ車まで使わんでもなぁ~」という近距離の移動では「んじゃ、頑張って自転車で…」となるわけで、移転してからの一ヶ月ほどはそれで頑張ってきたんですが、ほんの一週間前のこと。。。

昼食を食べるのに、徒歩なら20分程度の距離にある国道沿いのラーメン屋さんへ自転車で向かった私。
事前にYahooの地図で確認したところでは前述の山之上西町の住宅街(=その名の通り、小高い丘に広がっています)を通って行くのが一番の近道と分かり、強烈な坂道を歯を食いしばって自転車を押しながら丘の頂上へ。

そこからはラーメン屋さんへは下りの一本道なので今度はサドルに跨って軽快に飛ばしていたら「あれれ???」。
どうやら曲がる所を間違えたようで、たった今下ってきたばかりの坂をもう一度登って先ほどの頂上へ。

「こっち行かなアカンかったんやァ~」と閑静な住宅街で独り言を言いながら、今度はさっきとは違う下り坂を颯爽と自転車を駆ると、またまた「あれれれれ???」と今度は行き止まりにぶつかってしまいました。。。
頭の中でYahooの地図を思い出しながら泣く泣く坂を登っていくうちにようやく正しい道を発見♪

ここが冬の八甲田山なら今頃私は鳥の餌になっていたところですが、幸いにも天は私を見放しておりませんで、ほうほうの体でラーメン屋さんへ到着。

店が気になるので5分で食べ終えてようやく帰還。
日頃の運動不足も祟ってか、ふくらはぎがパンパン(T T)。

そして先日。
「こんなことやってたら能率が悪うてイカン」と、ついにバイクを購入しました。
店舗の壁の色に合わせたブラウン・カラーのホンダ“TODAY”(↓)。
f0220938_2349538.jpg


このバイクに乗っている私を見かけたら、手を振って下さいね♪


※なお、家内は実家の両親からの引っ越し祝いとして電動自転車を購入しました。
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-04-18 00:01 | 我が町の紹介

店内試飲

Yさんご夫妻、並びに近隣の皆様。(笑)
大変長らくお待たせ致しました。
いよいよ本日より店内での試飲を解禁させて頂きます。
差し当たり下記の商品の試飲が可能ですから、いつでもお申し付け下さい。
ただし、お車はもちろん、バイクや自転車でご来店のお客様からの試飲のお申し出にはお応えできませんので、あらかじめご了承下さい。


【芋焼酎】

山猪、宝山<綾紫印>、桐野、弥作、悟空の眠蔵、私領五番隊、かたつむり、二兎不追(にとおわず)、津貫屋、屋久の杜、杜の妖精、太(ふとし)、和一緒(わっしょい)、赤江

【麦焼酎】

揺籃、釈云麦(じゃくうんばく)、べいすん、屯(たむろ)、一粒の麦

【日本酒】

「獺祭<遠心分離>」50%精米、「獺祭<純米大吟醸>」50%精米、純米吟醸「田心房」(オリジナル)、「さか松」純米大吟醸、剣菱<瑞穂>

【梅酒】

鶴梅<完熟にごり梅酒>、鶴梅<すっぱい>、鳴龍(なきりゅう)、貴匠蔵梅酒


上記の商品はほぼ通年での試飲が可能です。
これ以外にも、季節限定商品などが入荷した際には随時提供させて頂きます。


※画像の追記
こんな感じです(↓)
f0220938_23134968.jpg

[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-04-17 00:35 | 仕事全般

利き酒

弊店のオリジナル日本酒の中身をどんなタイプにするかで、先日にようやく蔵からサンプルが到着しました。

f0220938_2352953.jpg


まず一昨日。
閉店後の店内でおごそかに5種類すべてをテイスティング開始。
グラスに注がれたお酒を一つずつ口に含み、舌全体に行き渡らせてチェックした後は飲まずに吐き出し、天然水で口の中をすすいでまた別のグラスをチェック。

この作業を繰り返してとりあえず初日の利き酒は終了。

そして開封から中一日空けた今日。

日本酒の場合は開封直後と2~3日経過してからとでは味がガラッと変わることがありますから、ある程度の日数を空けて何度かテイスティングする必要があり、今日はその2回目。

一旦ひと通りテイスティングしてから今度は実際に少しずつ飲んでみて、そして5種類の中からまず3つに絞りました。

これらを明後日くらいにもう一度チェックして、いよいよ決定です。


果たして、、、2年目の「田心房」や如何に?

f0220938_0113857.jpg

[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-04-13 00:12 | 日本酒

桜街道

今年は残念ながらお花見…というか、『“花よりお酒”的宴会』はできませんでしたが、神田屋新店舗横のバス通りを南へ約1kmほど走行すると、それはそれは見事な桜の木が沿道を埋め尽くしておりまして、これを観るだけでも充分に春を満喫できます。

f0220938_2318122.jpg
f0220938_2318173.jpg


来年は美味しいお酒を持参して、みんなで花見を満喫しましょう!
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-04-09 23:34 | 我が町の紹介