カテゴリ:本格焼酎( 69 )

f0220938_14151650.jpg
鹿児島県鹿屋市の焼酎メーカー・大海酒造さん。
人一倍、海を愛する同社社長の山下正博氏の提案により発売を開始してから早や20年もの歳月が流れました。
 
発売年の前年に収穫した芋で仕込んだ原酒を一年近く貯蔵、熟成させ、それを翌年の「海の日」に一斉に蔵出しするというコンセプトに、大牟礼杜氏の自由な発想によってその年その年で違った作品が作られています。
今年は「紅おとめ」(芋)×鹿児島県産イクヒカリ(米)×S型白麹(麹)という組み合わせで、米の旨さと芋の香りがマッチした味わい深くもキレの良い味わいとなっています。
 
1.8L 2,667円(税別)
[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-07-28 14:16 | 本格焼酎

【夏の芋焼酎】


芋焼酎ファンなら誰もが知っている有名ブランド。
今や日本国内だけでなく、海外にも精力的に進出されている鹿児島県鹿屋市の芋焼酎メーカー・大海酒造さん。
代表取締役の山下正博氏の夢は『世界中の、海が見える酒場に大海酒造の焼酎を置いて頂きたい!』
 
弊店はかつての焼酎ブーム以前の1997年からのお付き合いですが、ブームに浮かれて適当な理由を付けて販売価格を値上げするメーカーが多かった中で、酒税や消費税による値上げを除いては発売開始以来一度も価格を変更されることがなかった、素晴らしく良心的なメーカーさんです。
 
◆大海酒造の芋焼酎
・海王 1.8L 2,476円(税別)
・海 1.8L 2,362円(税別)
・くじらのボトル 1.8L 2,048円(税別)
 






[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-06-26 18:53 | 本格焼酎



[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-06-01 16:37 | 本格焼酎

先述の太久保酒造さんだけでなく、鹿児島県指宿市の中俣酒造さん製造の「桐野<黒麹>」も鹿児島県の本格焼酎鑑評会において優等賞を受賞されました。
麹米に山田錦を100%使用するなど、数ある黒麹の芋焼酎の中でもクオリティーの高い逸品です。
 
「桐野」については白麹・黒麹ともどもこれまで何度も当ブログやフェイスブックで紹介してまいりましたが、ここであらためて報告させて頂きます。
f0220938_11342712.jpg



[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-04-30 11:35 | 本格焼酎

f0220938_17330011.jpg

弊店とお取引頂いている
太久保酒造さんが、熊本国税局主催「平成30年酒類鑑評会」の本格焼酎部門において、出品された3銘柄(「太久保」「侍士の門」「華奴」)が全て優等賞を受賞するという快挙を達成されました。
もちろんこの3銘柄はいずれも弊店が取り扱っていて、以前よりお客様にお奨めしていた芋焼酎です(「華奴」は原酒での取扱です)。
まだ一度も飲まれたことがないと仰る方はぜひ一度!


f0220938_17335495.jpg
☆太久保(1.8L)
f0220938_17352182.jpg

☆侍士の門(1.8L、720ml)
 
f0220938_17312077.jpg
☆華奴(はなやっこ)原酒(1.8L)

f0220938_17355949.jpg

◇弊店ホームページからもお買い求め頂けます。


[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-04-23 17:38 | 本格焼酎

f0220938_19441686.jpg
長い間切らしておりました人気の芋焼酎「桐野<黒麹>」が入荷しました。
 
原料芋はもはや定番となったコガネセンガン、麹米にはぜいたくにも山田錦を使用、さらに麹は河内菌黒麹ゴールドという、これ以上は無いと言うくらいの最高級を揃えました。
 
口当たりは滑らか、黒麹由来のスモーキーな甘い香りが口中に穏やかに広がり、厚みのある抜群の旨みが余韻として長く続きます。
 
ところでこの「桐野」の商品名、鹿児島県人の方はもちろんのこと、幕末史にご興味のある方はもちろんお分かりですよね。
 
“人斬り半次郎”と呼ばれ、新撰組の隊長・近藤勇からも恐れられた男。
西郷隆盛、勝海舟、大隈重信などからもその人となりを高く評価された維新の志士・中村半次郎、明治維新後に桐野利秋と改名した正にその人のことです。
 
この「桐野」には今回入荷した黒麹だけではなく白麹もあり、こちらも絶賛発売中ですので、飲み比べもお奨め致します。

f0220938_19442311.jpg
 
・桐野<黒麹>
1.8L 2,614円、 720ml 1,525円

・桐野<白麹>
1.8L 2,771円、 720ml 1,552円
 

f0220938_19444121.jpg
f0220938_19443070.jpg
 




[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-04-06 19:47 | 本格焼酎

f0220938_1017198.jpg


お待たせ致しました!
昔ながらの臭い芋焼酎をお好みのお客様からは毎年絶大なるご支持を頂いている「杜の妖精<蒸留直詰>」が近々に弊店に入荷します。
蒸留後、一切の濾過処理をせずにすぐに瓶詰された完全無濾過バージョンで、年に一度、2月だけに蔵出しされる商品です。
ホームページでもご注文を承っております。

1.8L 2,700円
720ml 1,400円

http://kandaya.biz/ohkubo.htm#yousei

f0220938_10212981.jpg

[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-02-16 11:15 | 本格焼酎

【芋麹全量<綾紫>】

f0220938_18402155.jpg
f0220938_1840131.jpg


鹿児島県の西酒造より、年一回だけの限定蔵出し商品「芋麹全量<綾紫>」が入荷しました。
ひと足先に入荷している「芋麹全量」の原料芋はコガネセンガンで、こちらはその名の通りアヤムラサキを使用しています。
 
芋焼酎では一般にはお米で麹を作りますが、この2商品はそれぞれの芋で麹作りした、正に芋100%の焼酎です。
f0220938_18413066.jpg

 
紫芋には色んな種類があり、弊店取扱の芋焼酎だけでも「ムラサキマサリ」(赤江、竃猫)、「種子島ゴールド」(パープルタイガー)、「頴娃ムラサキ」(紫なかまた)などがありますが、アヤムラサキはワインのようなアロマが楽しめると評判が高く、この「芋麹全量<綾紫>」は深い紫色のモロミから漂う独特な妖艶な香りとともに濃厚な芋の旨さを感じる秀逸な芋焼酎です。
 
・原料:薩摩芋(鹿児島県産アヤムラサキ)、芋麹(黒麹)
・蒸留方法:常圧単式蒸留
・アルコール度数:28度
 
1.8L 3,667円(税別)

[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-02-11 18:42 | 本格焼酎

f0220938_17364630.jpg
f0220938_17363139.jpg

 
屋久島にある本坊酒造(株)・屋久島伝承蔵より冬の季節商品「無何有」が到着しました。
 
屋久島のちょうど真ん中に聳え立つ太忠岳の山麓に、年間を通して冷涼な環境の隧道(トンネル)があります。
この「無何有」は、そのトンネル内に貯蔵された素焼きの和甕の中に原酒のまま貯蔵(3年以上)された芋焼酎です。
 
鹿児島県内産のコガネセンガンと屋久島産のシロユタカとを原料に、屋久島の軟水を用いて甕壺で仕込み、蒸留後の原酒を前述のトンネル内で貯蔵・熟成させることで、穏やかな芋の香りと円やかで深みのある力強い味わいに仕上がっています。
 
1.8L 10,000円(税別)
 
なお、昨年の蔵出し分もアト4本(11/22時点)だけ在庫が残っておりますので、ご希望のお客様は早目にお申し出下さいませ。
 
http://kandaya.biz/honbou-mukau.htm
[PR]
by hirakata-kandaya | 2017-11-22 17:37 | 本格焼酎

f0220938_21222735.jpg

鹿児島県・太久保酒造さんのレギュラー焼酎である「華奴」。
レギュラーといえどもそのクオリティーの高さは相当なもので、メーカーさんより送られてきた原酒のサンプルをテイスティングしたところ、想像していた以上の旨さでした。
早速、担当者さんに商品化を正式に依頼し、この度の発売となりました。
 
地元の農家さんによる減農薬栽培のコガネセンガンを原料に、河内菌白麹で仕込みました。
まるで黄麹仕込みを想わせるようなネットリとしたまろやかな口当たりとハチミツ系の香りとが絶妙に絡み合い、原酒でありながらアルコール感は微塵も感じさせず、深みのある味わいは心まで酔わせてくれそうな逸品です。
 
希望小売価格:3,500円(税別)
 
 
※なお、この商品は酒販店様へも弊社より卸販売致しますので、お取り扱いを希望される酒販店様は弊社宛にご連絡下さいませ。

f0220938_21223440.jpg
f0220938_21224394.jpg

[PR]
by hirakata-kandaya | 2017-11-05 21:21 | 本格焼酎