カテゴリ:日本酒( 128 )

【篠峯<どぶろく>】

 
f0220938_12332247.jpg

「篠峯」の季節限定品「どぶろく」が入荷しております。
砂糖や甘味料を一切添加されていない自然な甘味と発酵による自然な酸味が味わえる正真正銘の「どぶろく」です。
米や麹、酵母由来の天然のアミノ酸が豊富に含まれた、滋養強壮にも効果のある身体に優しい味わいで、焼肉やもつ鍋などコッテリ系の食べ物との相性は抜群!
そのままストレート、或いはソーダやジュースなどで割ってお召し上がり下さい。
 
★開栓の際に勢いよく噴き出すことがありますのでご注意下さい。
 
・規格:濁酒(純米)
・原料米:赤磐雄町、アケボノ
・精米歩合:77%
・酵母:No.77
・日本酒度:-20
・酸度:3.5
・アミノ酸度:1.5
・アルコール度:16度〜17度
・仕込水:城山系伏流水
 
1.8L 2,500円(税別)
720ml 1,250円(税別)
 
※一升瓶は
穴あき栓を使用しています
 



[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-10-12 12:33 | 日本酒

f0220938_15022559.jpg
f0220938_15021797.jpg


本日より取扱を開始した和歌山県海南市の銘酒「黒牛」、全商品の中でも特にコスパが高いと人気の純米酒(無濾過・生・原酒)です。

淡い柑橘系の香りと、バランスの取れた旨味と酸味が魅力の逸品です。
 
※枚方市では弊店が唯一の正規販売店となりました。
 
原料米:山田錦(麹)、五百万石(掛)
精米歩合:麹:50%、掛:60%
日本酒度:+5.0
酸度:1.8
アミノ酸度:1.4
アルコール度数:18.5度
 
1.8L 2,750円(税別)
720ml 1,286円(税別)
 
☆ホームページは近日中にアップします。


[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-09-14 15:02 | 日本酒






[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-09-04 20:07 | 日本酒




[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-09-01 20:07 | 日本酒

【坤滴<ひやおろし>】

小さなメーカーゆえに知名度は高くありませんが、根強いファンが多いのがこの「坤滴」。
詳細はホームページをご覧頂くとして…、ひや(常温)、ぬる燗から熱燗まで、いずれの飲み方でもそれぞれの旨さを発揮する優れものの「ひやおろし」です。
 
☆原料米:鳥取県・田中農場産 特別栽培米「山田錦」100%
☆精米歩合:60%
☆日本酒度:±0
☆酵母:自社酵母「吟醸1号」
☆酸度:1.5
☆アミノ酸度:1.8
☆アルコール度:15度
 
1.8L 2,750円(税別)



[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-08-27 12:32 | 日本酒

 
f0220938_12034160.jpg
岡山県・白菊酒造さんの看板酒の一つ「トリプルA」。
酒造好適米ではなく、「朝日」「アケボノ」「アキヒカリ」という3種類の食米を原料米に使用したことから、それぞれの頭文字を取って「トリプルA」と名付けました。
真冬の厳寒期に仕込んだ新酒を上槽後すぐに火入れし、蔵内にてひと夏寝かせたこの「ひやおろし」は、里山の風景を想いおこさせるような昔ながらの素朴な日本酒の香り、やや酸の効いた程良い旨味が味わえます。
常温、或いはぬる燗で、特に焼き魚を肴にお召し上がり頂きたい逸品です。
 
1.8L 2,400円(税別)



[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-08-25 12:04 | 日本酒

f0220938_11570881.jpg
 
「神開」で知られる滋賀県・藤本酒造より「ひやおろし」が届きました。
弊店で勝手に「秋あかね」と命名したこのお酒、県産米の吟吹雪を原料に、それぞれ7号酵母と9号酵母で仕込んだ2つのタンクの原酒をブレンドした後に瓶燗火入れし、蔵内でじっくりと貯蔵・熟成させた「ひやおろし」です。
7号と9号のそれぞれの特徴を生かし、香りは控えめ、酸は穏やかな、柔らかくもボリュームのある味わいが愉しめます。
暑さの残る日には軽く冷やして、また涼しい夜には常温からヌル燗でお召し上がり頂ければ、味が開いてまいります。
 
1.8L 2,400円(税別)
720ml 1,200円(税別)
 



[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-08-23 11:51 | 日本酒

f0220938_19544514.jpg

かつては「車坂<出品酒>」という名称で、毎年開催される能登杜氏組合主催の鑑評会への出品する為に造られていたお酒ですが、近年は出品目的をメインとせず、あくまで『飲んでみて美味しいお酒』が藤田晶子杜氏の目標となっています。
 
18号と14号の2種類の酵母を使用しましたが、14号が勝っているせいか冷やした状態ではもちろんのこと、少し品温が上がってもカプロン酸系の香りは殆ど感じられず、和食との相性も良いです。
米の旨味も程良く引き出していて、何杯でもクイクイいけそうなヤバイお酒です。
 



[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-08-11 20:13 | 日本酒

f0220938_14301954.jpg
 
栃木県の日本酒「若駒」の看板商品です。

メロン、マスカット、白桃、マンゴーなどのふくよかな果実の香りが厚みのあるボディに融合し、まるで果実を丸飲みしたかのような「食感」のお酒です。
後口のキレも良く、デザート酒としては最適ですので、良く冷やしてお召し上がり下さい。
 
1.8L 4,000
円(税別)
720ml 2,000円(税別)
 




[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-07-28 18:37 | 日本酒

f0220938_17340895.jpg

以前よりお世話になっている和歌山県岩出市の吉村秀雄商店さんの主要ブランド「車坂」。
つい先日(7/5)、料飲店主さんらを伴って同社を訪問した際に数種類のお酒をテイスティングさせて頂きましたが、その中で私とカミさんだけでなく同伴された料飲店主さんも舌鼓を打ったのがこの山廃仕込の純米吟醸です。
 
同社の杜氏を務めるのは、能登杜氏の重鎮にして「酒造りの神様」との異名を誇るあの農口尚彦氏の愛弟子である藤田晶子さん。
能登流の山廃仕込に魅せられた彼女が作る山廃仕込のお酒は透明感を感じるほどキレイで、かつ力強い。
彼女の兄弟子である都美人酒造の山内邦弘氏の作る山廃仕込の「穏坐」も「車坂」と同様に後口のキレイなタイプですが、全体的には女性的でたおやかな印象を感じるのに対し、藤田杜氏のそれは逆にどこか男性的。
この兄妹弟子の山廃仕込のお酒を飲み比べてみるのもまた一興かも…です。

◇車坂<山田錦×美山錦>山廃純米吟醸 (無濾過・生・原酒)
1.8L 3,200円(税別)

◇都美人<穏坐>山廃純米吟醸 (無濾過・生・原酒)
1.8L 3,100円(税別)
f0220938_17353651.jpg



[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-07-14 17:38 | 日本酒