大阪府枚方市の『酒の神田屋』店主のブログです。商品の紹介や日々の徒然をそこはかとなく、妖しく、かつ物狂おしく書きつくっております。

by Kandaya de blog

カテゴリ:ウォーキング( 3 )

2キロ減

ウォーキングを開始して今日で丸2ヶ月。
目的の一つに体脂肪を落とす(=燃やす)ことがあったわけだが、一ヶ月ほど経過した時に1キロ減って以降は中々減らなかった体重がこの半月ほどでさらに1キロ減って、現在の体重は66キロ。

おそらく、この一ヶ月は夕食の時間をいつもより約一時間ほど早く摂るようにしたこと、さらに御飯のおかわりをせずに最初の一杯だけに制限したことが要因だと思うが、目標であったベスト体重までアト2キロである。

また嬉しいことに、ウォーキングの前後のストレッチに加え、入浴後の筋肉のもみほぐしも功を奏したのか、下腿三頭筋が少しずつビルドアップされつつあって、腓腹筋が横に広がってきているのが目に見えて分かるようになってきた。
「ムフフ♪」である。(笑)

f0220938_23522748.jpg


来年の春には、アスリートのようなたくましい脚線美となっていればイイんだが、果たして…?
[PR]
by hirakata-kandaya | 2011-12-16 23:56 | ウォーキング

休日のウォーキング

夜のウォーキングを始めて早や10日が過ぎた。
距離も5日目からはずっと5㌔のコースを歩くようになって、今では軽くクリアできるほどである。

またその間、色んなサイトを閲覧してウォーキングについて研究し、より効率的な方法を模索しているが、実は歩く時間帯によって違った効能が得られるということを知り、定休日の今日は朝の時間帯に試してみた。

 ☆参考サイト ⇒ http://www.walking-style.com/academy/study/009/jikantai.php

9時過ぎに寝床からノソ~ッと起きて、まず日頃から愛飲しているカテキン茶(カフェイン含有量が多い)をグビグビ(そもそもカフェインには脂肪の分解を促進する働きがあるらしく、運動を始める前にカフェインを摂取していると、 摂取しなかった場合に比べて効率的に脂肪が燃焼できるそうである)。

また、空腹時は血糖値が低下しているため、この状態で長時間の運動を行うとめまいや注意力が散漫となったり、意識がもうろうとする場合もあるので、大き目のバナナを1本パクリ。

そして入念にストレッチをしてからいよいよスタートである。
今朝は天気も良く、涼しくていい気候だったので、いつもより距離を延ばして7.5㌔に挑戦。

ウォーキングの際は普段よりも歩幅を広げて歩くようにしているが、今日はさらに歩幅を大きくして、しかも速度もアップさせてみた。

その甲斐あってか、事前にYahooの地図で調べておいた中間点への到達時間がスタートしてから35分。
3.75㌔を35分で歩いたということは、歩行速度は時速6.4㌔というかなりのハイ・スピードである。

ところがところが、、、後半に入ってしばらくしたら次第に腰がだるくなってきて、気がつけば歩幅もスタート直後に比べて狭まってきたことに気付いたので、信号待ちを利用して軽くストレッチング。

幸いに脚はまったく異常が無かったので、また元のペースに戻して歩行を再開し、アップダウンの激しい住宅街を通り抜けるといよいよ最後の下り道。

さらにペースを上げて我が家にゴールインしたのがスタートしてから75分後。
さすがに前半より後半に時間がかかったものの、最終的には7.5㌔を75分、つまり分速100mと計ったような速度を達成。

道中は太陽の光をたっぷり浴びたからビタミンDもたくさん生成できたろうし、汗もしっかりかいて新陳代謝もできて、肝心の体脂肪もかなり燃焼できたであろうと自己満足な神田屋オヤジでござる。(笑)


 ☆ウォーキング仲間、募集中! ⇒ ご連絡はメールにて(info@kandaya.biz)
[PR]
by hirakata-kandaya | 2011-10-26 23:46 | ウォーキング

ウォーキング

運動不足の解消と生活習慣病の予防を目的に、夜のウォーキングを始めて昨日で5日目。
初日は無理をせずにと約2㌔ほどの距離を歩いたものの、この季節の夜の気温は15~6度なので2㌔程度では汗一つかかず、あまり意味がない。
それゆえ二日目からは少しずつ距離を延ばして、昨夜の踏破距離は5㌔。
しかも我が家の周辺はアップダウンがきつく、昨夜のコースも高低差30メートルほどの道を上ったり下ったり…。
さすがに帰路では背中がジワ~と汗ばんで「良し良し」と…。
あくまで身体と相談しながらではあるが、一ヵ月後には10㌔にチャレンジしたいと考えている。

ところで、ウォーキングのコースの全行程が閑静な住宅街とあって、咳払い一つでも周囲に響くほどなので不気味といえば不気味。
ときおり警邏中のパトカーに出くわすが、私の横を通過する時に急にスピードを落として顔を横目でジロッと見るのはやめてちょーだい!(苦笑)

もっとも、夜の10時頃にスキンヘッドの不審なオッサンが閑静な高級住宅街を歩いていては疑われても無理はないが…。
いずれは同志を募って一緒にウォーキングの会でも結成したいものである。
会の名称は、、、そうさなァ~

           徘徊おじさんの会とか…。
[PR]
by hirakata-kandaya | 2011-10-21 12:39 | ウォーキング