Cuvee Naomi

どういうわけか昨晩にふとこのワインのことを思い出して、先日に購入したばかりのワインセラーへと保管場所を移すことにしました。

Cuvee Naomi

種類:赤
産地:ボルドー ポムロール地区
品種:メルロー85%、カベルネ・フラン15%

仏・ボルドーのポムロール地区のCh.フェイティ・クリネのセカンド・ワイン「レ・コロンビエール・ド・フェイティ・クリネ」のオリジナル・ラベルで、2年前に他界された故・川島なお美さん自らがボルドーのワイナリーを訪ね歩き、ようやく巡り合えたという素晴らしいワインだということです。

御本人の直筆サイン入りのこのワインは、彼女の行きつけのお店でもあった代官山の某有名料理店のシェフを通じて贈られてきたもので、これまた直筆のメッセージカードには、『いつも美味しいお酒をありがとうございます♪』とありました。(^^)
日付を見ると2005.11.22となっているので今から12年前だったんですね。

飲んでみたいけどもったいない気がするし、でも飲まないと余計にもったいないし…。
う~ん。。。

f0220938_1658307.jpg

f0220938_16592598.jpg
f0220938_1659627.jpg
f0220938_16585771.jpg
f0220938_16584855.jpg

[PR]
by hirakata-kandaya | 2017-11-11 17:03 | ワイン

f0220938_14344856.jpg


久しぶりにキリッと引き締まった辛口の白ワインに出会いました。
その名は「SASHIMI」。
 
世界規模での日本食ブームで、今やお刺身は「SASHIMI」として世界共通語になっていますが、それをそっくりそのまま商品名にした白ワインがこの「SASHIMI ソーヴィニヨン・ブラン」です。
 
南オーストラリアの沿岸部『ポート・リンカーン』でマグロの養殖を盛んに行っているターヴェイ家は、弊店でも大変御好評を頂いている「リンカーン・エステイト」のワイナリーでもあります。
 
缶詰を連想させるようなジャケットではありますが(笑)、瑞々しいフレッシュなアロマと心地良いミネラル感の、秀逸なソーヴィニヨン・ブランです。
高いクオリティーでありながらリーズナブルなこの価格も嬉しい限りですね。
 
750ml 1,200円(税別)
 
☆『フェイスブック&ブログを見た!』とお伝え頂ければ、10%オフで販売致します!(3月末まで)
 
☆お買い上げは「酒の神田屋」実店舗にて
(ホームページからもご発注頂けます♪ ⇒ http://kandaya.biz/lincoln.htm

f0220938_14351195.jpg

 
 
※「SASHIMI」のさらに詳しい説明はコチラ(↓)をご覧下さい。
http://mot-wine.mottox.co.jp/mariage/utg6ib000000c7pe.html
[PR]
by hirakata-kandaya | 2017-02-24 14:33 | ワイン

<イタリア メディチ・エルメーテ>
 
◆コンチェルト・ランブルスコ レッジアーノ セッコ
(赤・辛口)
 
フレッシュブルーベリー、カシスなどのベリー系の新鮮な果実感が溢れるアロマが特徴の、赤の微発泡ワイン。
優しくエレガントな泡立ちと、ふくよかな風味が口に広がり、程よいタンニンとのバランスが絶妙です。
 
750ml 2,000円 ⇒ 1,600円(税別)
 
◆クエルチオーリ・ランブルスコ レッジアーノ ドルチェ
(赤・やや甘口)
 
干しイチジクやイチゴの豊かで新鮮な香りと軽やかなタンニン、軽快な酸とのバランスが心地良く、美味しくて一度飲むと忘れられない、とてもキュートなやや甘口のランブルスコ。
 
750ml 1,150円 ⇒ 950円(税別)
 
 
<チリ ビーニャ・バルディビエソ>
 
◆バルディビエソ エクストラ ブリュット
(白・辛口)
 
生産量・輸出量ともにチリNO.1の規模を誇る“泡”の名門ワイナリー。
フレッシュなライムや青リンゴのアロマと、ほんのり広がるトースト香が心地良い、本格派(瓶内二次発酵)のスパークリングワイン。
 
余談ながら、2010年8月に発生したチリ鉱山の落盤事故で、全作業員33名の奇跡の生還を祝して救出の現場で作業員たちが家族と共に喜びの祝杯をあげる様子がニュースで紹介されましたが、その際に使われたのがこのバルディビエソ社のスパークリング・ワインです。
 
750ml 1,600円 ⇒ 1,280円(税別)

f0220938_14254683.jpg

[PR]
by hirakata-kandaya | 2016-05-29 14:24 | ワイン

夏のワインといえばやっぱりスパークリングワインですよね。
弊店ではワインアドバイザーお奨めのスパークリングワインを実店舗にて販売しておりますが、遠方のお客様の為に紹介ページを作成しましたのでご利用下さい。

☆イタリア サンテロ社 http://kandaya.biz/santero.htm
f0220938_20563063.jpg


☆イタリア メディチ・エルメーテ社 http://kandaya.biz/lambrusco.htm
f0220938_20571948.jpg


☆チリ バルディビエソ社 http://kandaya.biz/valdivieso.htm
f0220938_20583321.gif

[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-06-28 00:00 | ワイン

ワイン展示会

f0220938_0245976.jpg

今日9日(水)は大阪市内のホテルで、お世話になっているモトックス社のワインの試飲会があり、国別で言いますと、フランス、イタリア、スペイン、アメリカ(カリフォルニア)、オーストラリア、ニュージーランド、チリの7ヶ国、24社のワイナリーの生産者が参加するとのことなので、家内と仲良く手をつないで(?)行ってまいりました。

本日参加していたワイナリーは、その全銘柄とまではいかないもののいずれも弊店が取り扱っているワインの生産者ばかりで、また、家内はともかく私自身は久しぶりのワインの試飲会なのでちょっと気合を入れてのテイスティングとなりました。

『酒の神田屋』においては和酒担当の私にとって、飲み慣れぬワインの味わいを言葉で表現するのは実に難しく、それぞれのブースで生産者を前に「う~ん…」とか「ほォー」とか言いながら適当にごまかしていたら、傍らの女房の口からはアロマがどうだとかタンニンがこうだとかポンポンと専門用語が飛び出し、モトックス社の社員さんがそれを生産者に通訳すると、どの生産者もニッコリ笑って「アナタ、(ワインの味を)ヨクワカッテマスネ♪」的なことを英語でペラペーラ。
すっかり女房殿にお株を奪われた神田屋オヤジです。。。

f0220938_0261012.jpg

         (↑)家内にとってワインのテイスティングは真剣勝負!

「このままでは引き下がれん」と、何とか存在感を示そうとした私。
今日の出品酒の中で最も気に入った赤のスパークリングワインを生産しているイタリアのワイナリー「メディチ・エルメーテ」社のオーナー・アルベルト氏(↓)の前で、一つ一つを指差しながら巻き舌で、
f0220938_0112633.jpg


    「(これは)デル・ピエーロ!」
   「(こっちは)」カンナヴァーロ!」


…と、イタリアのサッカー選手に例えたら、オーナーは笑いながら別のワインを指差して

「じゃあ、これはナカタ(=中田英寿)かい?」

…と乗ってくるので、私はそのワインを一口飲んでから

「いや、これはバッジョ(=ロベルト・バッジョ)だ!」

…って、訳分からん。(笑)


まぁそんなこんなで短い時間ではありましたが大変イイ勉強になりました。
家内にしてみれば現時点で弊店が取り扱っているワインの味を再確認できたようで、お奨めについてはご来店の折に訊いてやって下さい。

ちなみに、私が気に入ったという先述の2商品とは、

f0220938_0205374.jpg

         (↑)ボッチオーロ ランブルスコ・グラスパロッサ ヴィノ フリッツァンテ ドルチェ

f0220938_021960.jpg

           (↑)クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ ドルチェ

です。
近々に入荷しますので、楽しみにお待ち下さい。


最後に、今回の試飲会で私なりの総合評価で際立っていた(と思う)生産者はコチラ(↓)です。
f0220938_0243182.jpg

f0220938_134460.jpg

              (↑)ビーニャ・バルディビエソ
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-06-09 23:50 | ワイン

「酒の神田屋」の周辺には日頃からワインを嗜まれる方が非常に多いようで、おかげさまでその恩恵を蒙っております。
中でも特に、ウチのワインアドバイザー一押しのこのオーストラリア産ワイン(↓)が大人気で、すでにリピーターもたくさんいらっしゃいます。

f0220938_1875137.jpg



新店舗のオープンに先立つ2月。
お世話になっているワイン商社の展示会に参加した神田屋専属ワインアドバイザー(我が女房殿)。
自慢ではありませんが、その展示会で過去に家内が「これは美味しい♪」と認めたワインの殆どが、その時点では無名でも数年後には必ずと言ってもいいほどヨーロッパのワインコンクールで金賞や銀賞を受賞しております。

その家内が展示会から戻った後、例年以上に興奮した口調で、、、


            「これは良かったよー!」


…と私に教えてくれたのがこの「リンカーン・エステイト」なんです。

純粋に味だけを評価すれば2000円以上の値がついてもおかしくないほどのすばらしいこのワイン、輸入業者のセールス・トークによれば、「カジュアルで手頃な価格のワインを…」という市場の要望に応えるべく、使用するボトル・ラベル・パッケージング・キャンペーン費など、抑えられるコストは全てカットしたおかげで驚きの価格設定が実現した、とのことです。
スクリューキャップですから取扱がとても楽で、料飲店さんからもご好評を頂いております。

このブログをご覧の貴方、ぜひ一度お試し下さいね。


   ☆紹介ページ ⇒ http://kandaya.biz/lincoln.htm


☆ケース単位でのご発注ならさらにお得!!(↓)
f0220938_18195983.jpg

[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-04-28 00:00 | ワイン