人気ブログランキング |

2012年 10月 28日 ( 1 )

以て六尺の孤を託すべく

今日28日(日)は、12年前に亡くなった母方の従弟の十三回忌法要が営まれ、店を家内に任せて息子と二人でお参りしてきました。

大学を卒業後に大阪市水道局に就職、持ち前のキャラクターから上司にも可愛がられ、長居公園地下にある配水施設(=長居配水場http://www.city.osaka.lg.jp/higashisumiyoshi/page/0000034628.html)の設計に携わるなど将来を嘱望されていたものの、32歳という若さで奥さんと生後9ヶ月の息子を残して亡くなってしまいました。

小さい頃から非常に感受性の強い男で、母方の祖母が亡くなった時はまだ二歳だったにもかかわらずその死の意味をちゃんと理解し、涙を流していたような子でした。

その後は諸般の事情で滅多に顔を合わせることもなくずっと疎遠の状態が続いてましたが、彼の結婚式にお呼ばれしたことをきっかけにようやく本来の従兄弟らしい付き合いが始まり、お互いの失われていた時間を少しずつ少しずつ取り戻そうとしていたその矢先、彼の母親である叔母からの電話で末期ガンであることを知らされました。

何度目かに見舞いに行った時はトイレで嘔吐を繰り返し、あんなに心根の優しい男が何の因果か最期の最期まで苦しみながらあの世へ旅立って行きました。


あれから12年。。。
忘れ形見の息子も早や中学1年生。
20代で未亡人となった奥さんは再婚もせず、ご実家のご両親とともにここまで彼を立派に育ててくれました。

奇しくも私の名前にもある「泰」の字を使って「泰都(たいと)」と命名したのは、何も彼の将来を私に託そうとしたわけでもないでしょうが、及ばずながらもせめて今後の彼の人生の大事な場面において、何らかのカタチで役に立てるようになりたいと心に誓った次第です。


朝から降り続いた雨(涙雨?)のせいか、湿っぽいことを書き連ねてしまったことをお許し頂き、さらに、志半ばで亡くなった従弟=真嶋政彦の功績の一部を下記に紹介しておきたいと思いますので、お暇な折にでもご覧下さい。


http://sc.chat-shuffle.net/human/id:6806387
http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?JGLOBAL_ID=200902182660253761&q=%E7%9C%9F%E5%B6%8B%E6%94%BF%E5%BD%A6&t=0
http://www.2ji.osakacity.or.jp/sub/sub/library;jsessionid=C9594EF11748267907788A716720B020?extract=&no=249&title=&fromYear=&subGenreCode=011010&searchMode=2&toYear=&langCodeOther=true&id=97F0000374&genreCode=&keyword=&langCodeJapan=true&author=&organization=&jurisdiction=0095460
by hirakata-kandaya | 2012-10-28 20:21 | 家族