伝承黄麹仕込 「太久保」

f0220938_19224580.jpg


「侍士の門」でおなじみの太久保酒造が昨秋、満を持して発売を開始した秘密兵器がこの「伝承黄麹仕込<太久保>」です。

主原料の芋は地元・大隅町産の「安納芋」を使用、それを焼き芋にした上で仕込むという手の込みよう。
また、麹米も同じく大隅町産のヒノヒカリを原料に、芋焼酎の造りでは非常に稀少な黄麹を使用しました。

焼き芋特有の香ばしい香り、黄麹に由来する心地良いネットリとした旨味、そして素晴らしい余韻…。

昨年度は生産本数が少なかった上に3528円(税込)という高価格商品ですから、ご発注頂いたのはごく一部の料飲店さんだけでしたが、殆ど全てのお店の方が後日にお電話を下さって、「これは凄いっ!!」と大絶賛を頂きました。

その後、私もようやく飲む機会を得ましたが(⇒ 弊店が購入した分はすべてお客様からのご予約で完売となり、私には回らなかったんです。。。)、文句なしに

「!!!」

個人的には、黄麹原料に限らずこれまでに飲んだあらゆる芋焼酎の中でも最高峰の部類に入ると思っているほどの見事な出来栄えです。
今年はメーカー生産2000本の内の120本を確保できましたので、昨年にお買い上げ頂けなかったお客様は今すぐご予約下さい!


 ☆商品紹介ページ ⇒ http://kandaya.biz/ohkubo.htm
[PR]
by hirakata-kandaya | 2012-10-04 19:32 | 本格焼酎