お茶農園

話は遡って今月15日(水)。
以前より訪ねたいと思っていた奈良のお茶農園に行ってきました。

行き先は奈良市北東部の田原(たわら)地区。
奈良県のブランド「大和茶」は全国第6位の生産量を誇り、そのほとんどがこの田原を含む奈良県の北東部で生産されています。

奈良県庁前の道を南下し、奈良教育大学の南側から柳生へ向かって車を走らせること約10分。
茶畑と水田が広がるこの地域は、カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した『殯(もがり)の森』(河瀬直美監督)のロケ地として一躍有名になりましたが、この映画の製作に尽力し、田原フィルムコミッションを作ったのが、今回訪問した中尾農園の代表・中尾義永さん。
f0220938_15593966.jpg


映画の製作に当たっては、中尾さんの熱意のある呼びかけにほだされた地域の多くの高齢者の方らがエキストラとして出演したり、ボランティアで手伝ったりしたそうで、カンヌのグランプリ受賞は皆が我がことのように喜び合ったということでした。

f0220938_15164436.jpg ←こう見えても私より2歳年下。(笑)



さて、この中尾さん。
今でこそ茶畑3haと水田2.5haを営んでいらっしゃいますが、元々は農業を継ぐ気はなかったそうです。
ところが、高校生の時に進路相談の先生に『農家なんかより他の職業につけ』と言われ、農業という職業をさげすまれた気がして思わず、

『農業は男が一生かけるのに不足のある仕事とは思えません!』

と先生にタンカを切ってしまい、そのまま意地を張り続けて大学で農業を学び、今日に至るという熱い御方です。

お茶の栽培だけでなく、数年前には地域の仲間との共同出資でブルーベリー園を始め、最近になってようやく軌道に乗ってきたそうです。

f0220938_1601370.jpg

↑ 中尾農園の茶畑。壮観です。
    

f0220938_1642048.jpg

   ↑ 中尾さんの製茶工場の内部。


f0220938_1652877.jpg

   ↑ 中尾農園の製品(一部)。



そしてこの度、中尾農園さんの生産する極上のお茶を弊店が販売することとなりました。
商品については後日、このブログにて紹介致しますので、楽しみにお待ち下さい。
[PR]
by hirakata-kandaya | 2011-06-26 00:13 | 仕事全般