大阪府枚方市の『酒の神田屋』店主のブログです。商品の紹介や日々の徒然をそこはかとなく、妖しく、かつ物狂おしく書きつくっております。

by Kandaya de blog
f0220938_17330011.jpg

弊店とお取引頂いている
太久保酒造さんが、熊本国税局主催「平成30年酒類鑑評会」の本格焼酎部門において、出品された3銘柄(「太久保」「侍士の門」「華奴」)が全て優等賞を受賞するという快挙を達成されました。
もちろんこの3銘柄はいずれも弊店が取り扱っていて、以前よりお客様にお奨めしていた芋焼酎です(「華奴」は原酒での取扱です)。
まだ一度も飲まれたことがないと仰る方はぜひ一度!


f0220938_17335495.jpg
☆太久保(1.8L)
f0220938_17352182.jpg

☆侍士の門(1.8L、720ml)
 
f0220938_17312077.jpg
☆華奴(はなやっこ)原酒(1.8L)

f0220938_17355949.jpg

◇弊店ホームページからもお買い求め頂けます。


[PR]
# by hirakata-kandaya | 2018-04-23 17:38 | 本格焼酎

江戸時代の淀川では、現在の枚方市周辺地域から「くらわんか舟」と呼ばれた小舟にお酒や食料品を積み込み、淀川を往来する三十石船の乗客を相手に「くらわんかぁ~(食べないか、飲まないか)」と大きな声で売り込みをかけていたそうです。

当時は現代のような酒造好適米ではなく、地元で普通に食べられていた飯米で酒を醸し、おそらくは生酒の状態で販売され、飲み干した客は酒茶碗をそのまま淀川へと投げ入れ、旅情を楽しんでいたのでしょう。
 
この度、そんな大阪の名物ともいえる「くらわんか酒」を淀川ブランドとして蘇らせ、大阪の特産品として全国に発信していきたいと考えて作られたのが、この郷土の酒「くらわんか」です。
原料米は枚方市内の農家が栽培した大阪府推奨米であるヒノヒカリを100%使用した、ほんのり甘みのある上品なお酒に仕上がっています。

発売初年度につき、品切れの際はご諒承願います。
 
1.8L 2,400円(税別)
720ml 1,200円(税別)







[PR]
# by hirakata-kandaya | 2018-04-21 13:11 | 日本酒

【臨時休業のお知らせ】

誠に勝手ながら下記の二日間は蔵見学の為、連休を頂戴致します。
m(__)m 

4月
18日(水)・19日(木)

[PR]
# by hirakata-kandaya | 2018-04-17 11:40 | 仕事全般
「風の森」のノーマルタイプである"しぼり華シリーズ"の1ランク上のグレードとなるのが"真中採り"です。
"真中採り"とは「風の森」独自の表現で、他社では「中汲み」とか「中取り」と表記されている、上槽する工程で最も味が安定していて美味しいといわれる部分のことです。
 
「風の森」ではこれまで「秋津穂 純米」と「雄町 純米吟醸」(弊店オリジナル)との2種類のみ販売しておりましたが、今季より新たに3種類が加わりました。
その内の一つは先日ご案内差し上げました「愛山 純米」、そしてあと二つがこの度入荷しました「雄町 純米」と「山田錦 純米」です。
いずれも数量限定販売となりますので、お早めにお買い求め下さい。
 
f0220938_14251642.jpg
 
雄町 純米
☆原料米:備前雄町100%
☆精米歩合:80%
☆Alc:17度
☆使用酵母:7号系
☆もろみ日数:32日
720ml 1,450円(税別)
-----------------------------------------

f0220938_14255706.jpg
◆山田錦 純米
☆原料米:兵庫県産 山田錦100%
☆精米歩合:80%
☆Alc:17度
☆使用酵母:7号系
☆もろみ日数:32日
720ml 1,450円(税別)



なお、先に入荷している「愛山 純米」も含めた3種類の"真中採り"の飲み比べ、或いは"しぼり華"シリーズも加えた6種類の飲み比べもお楽しみ頂けます。 
f0220938_14292434.jpg

[PR]
# by hirakata-kandaya | 2018-04-14 14:08 | 風の森
愛媛県の首藤酒造さんから2種類のお酒が入荷しました。
いずれも流石と思わせる、通を唸らせる絶品です。
 
f0220938_17411649.jpg
f0220938_17405971.jpg

◆山田錦 純米大吟醸(中汲み・生)
 
バナナや焼きたてのフワフワのパンを想わす豊潤な香り、口中の隅々にまで広がるふくよかな旨味と適度な酸に好感が持てます。
山田錦の特性を十二分に引き出した、至福の余韻に浸れるような、そんな逸品です。
 
☆原料米:山田錦(兵庫県三木地区1等米)
☆精米歩合:50%
☆酵母:愛媛酵母EK-1
☆日本酒度:-0.5
☆酸度:1.6
☆アルコール度:16.5度
☆仕込水:石鎚山伏流水
 
1.8L 4,100円(税別)
720ml 2,050円(税別)
 
------------------------------------------------------------------
f0220938_17415789.jpg
f0220938_17421843.jpg

◆雄町 純米吟醸(中汲み・生)
 
「寿喜心」の蔵元が特に自信を持ってお奨めするのがこの「雄町純米吟醸 中汲み」です。
マスカット、青リンゴ、メロンを想わせる青い果実の香り、雄町特有の深みのある味わい、柔らかな酸味、心地良い弾力、そして優しい甘み…。
これらのエッセンスがバランス良く融合した、抜群の飲み心地を誇る純米吟醸です。
 
☆原料米:備前雄町
☆精米歩合:55%
☆酵母:愛媛酵母EK-1
☆日本酒度:-1.5
☆酸度:1.5
☆アルコール度:16.1度
☆仕込水:石鎚山伏流水
 
1.8L 3,100円(税別)
720ml 1,550円(税別)
 
 
f0220938_17424021.jpg

[PR]
# by hirakata-kandaya | 2018-04-11 17:43 | 日本酒
f0220938_20001238.jpg
「風の森」全ラインナップの中でも最も稀少な「愛山」純米の"真中採り"が今季より新たに登場致しました。
『白いぶどうのような香りをまとう、キラキラと輝くような透明感溢れる酒質』(蔵元 談)の純米酒の、特に美味しい部分だけを瓶詰した中汲みです。
爽やかで高貴な香り、穏やかで柔らかく、かつ力強い飲み応えの純米・生酒です。
 
720ml 1,600円(税別)
 
f0220938_20013890.jpg
 




[PR]
# by hirakata-kandaya | 2018-04-06 20:02 | 風の森
f0220938_19441686.jpg
長い間切らしておりました人気の芋焼酎「桐野<黒麹>」が入荷しました。
 
原料芋はもはや定番となったコガネセンガン、麹米にはぜいたくにも山田錦を使用、さらに麹は河内菌黒麹ゴールドという、これ以上は無いと言うくらいの最高級を揃えました。
 
口当たりは滑らか、黒麹由来のスモーキーな甘い香りが口中に穏やかに広がり、厚みのある抜群の旨みが余韻として長く続きます。
 
ところでこの「桐野」の商品名、鹿児島県人の方はもちろんのこと、幕末史にご興味のある方はもちろんお分かりですよね。
 
“人斬り半次郎”と呼ばれ、新撰組の隊長・近藤勇からも恐れられた男。
西郷隆盛、勝海舟、大隈重信などからもその人となりを高く評価された維新の志士・中村半次郎、明治維新後に桐野利秋と改名した正にその人のことです。
 
この「桐野」には今回入荷した黒麹だけではなく白麹もあり、こちらも絶賛発売中ですので、飲み比べもお奨め致します。

f0220938_19442311.jpg
 
・桐野<黒麹>
1.8L 2,614円、 720ml 1,525円

・桐野<白麹>
1.8L 2,771円、 720ml 1,552円
 

f0220938_19444121.jpg
f0220938_19443070.jpg
 




[PR]
# by hirakata-kandaya | 2018-04-06 19:47 | 本格焼酎
f0220938_19414140.jpg

原料米は早川酒造の蔵からほど近い農家さんとの契約栽培による酒造好適米『神の穂』を100%使用し、地元の三重酵母(MK-3)で仕込んだオール三重県ブランドの純米吟醸酒の中取りです。

 
香りは穏やかで口当たりはマイルドですが、適度に心地良い苦味が甘さを抑えていて、全体的には引き締まった印象を与えてくれます。
杯を重ねても飲み飽きすることなく、和食との相性は抜群ですよ。
 
原料米:三重県産「神の穂」
精米歩合:50%
酵母:三重酵母MK-3
日本酒度:±0
酸度:2.0
アミノ酸度:0.9
アルコール度:16度
 
1.8L 2,870円(税別)
720ml 1,435円(税別)
 





[PR]
# by hirakata-kandaya | 2018-03-23 19:40 | 日本酒
f0220938_19452522.jpg

愛媛県・首藤酒造さんの今季蔵出し第3弾です。

まず最初に、原料米である「しずく媛(ひめ)」について簡単に説明させて頂きます。
愛媛県では食用米として育成した「松山三井(まつやまみい)」が酒造りに適していたことから、広く酒米として利用されてきましたが、『より酒造りに適した特性を持つ県独自の品種を』との要望に応え、愛媛県初の酒造好適米として育成されたのが「しずく媛」です。
 
「松山三井」よりも大粒で心白発現率が高く、吸水性が良くタンパク質含有量が少ないのが特徴で、旨味があり、酒質が柔らかくなるとの評価を得ています。
 
そして、この「しずく媛 中汲み純米」は穏やかなファーストタッチに始まり、杏、花梨、グレープフルーツを想わせる爽やかで優しい香りが広がります。
全体的な味わいはマイルドですが、時折チラリと覗かせるビターアーモンドのような苦味が絶妙で、飲み干した後のキレも良いので食中酒としても最適です。
生酒ですが、常温でお召し上がり頂ければ本来の魅力をご堪能頂けます。
 
1.8L 2,900円(税別)
720ml 1,450円(税別)
 



[PR]
# by hirakata-kandaya | 2018-03-21 19:43 | 日本酒
f0220938_15411504.jpg

弊店取扱の日本酒の中では最も日本酒度が高い辛口の純米酒。

9号系の中でも辛口傾向の酵母を使用したこともあって、この29BYでは+13まで切れました!
とは言え、単なる辛口酒のようにキリキリ辛いといったイメージは全くなく、雄町特有の旨味も充分に感じられます。
メロンを想わせる控えめで上品な香り、冴え渡る切れ味と心地良い酸…。
和食ならどんな料理にも合わせ易い超優れモノ、眠気も吹き飛ぶシャープな辛口酒です。
 
☆原料米:備前雄町100%
☆精米歩合:60%(真精精米)
☆酵母:9号系辛口酵母
☆日本酒度:+13前後
☆酸度:+1.5前後
☆アミノ酸度:0.9前後
☆アルコール度:16度
 
1.8L 2,600円(税別)
 
※無濾過・生・原酒は在庫が無くなり次第に終売となり、6月以降は火入れ酒での販売となります。
f0220938_15413618.jpg



#百楽門#超辛口純米#日本酒度は+13
[PR]
# by hirakata-kandaya | 2018-03-20 15:44 | 日本酒