<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【紀土<Shibata's>~be fresh~】

和歌山県・平和酒造の柴田英道杜氏。
平和酒造に入社してかれこれ20年近くなり、今や自他共に認める同社の大黒柱です。
 
『Shibata's』は「紀土」の代表作の一つでもある山田錦50%精米の純米大吟醸の中汲で、妥協を許さない柴田杜氏が『一番飲んで欲しい』と思った部分だけを選び抜いた杜氏セレクトのお酒で、「be fresh」=生酒と「be ambitious」=火入れ酒の2アイテムありますが、この度入荷したのは生酒の「be fresh」。
 
最初の一口目には新酒生酒特有の良い意味での粗さと爽やかさを感じます。
しかしながら本質的にはふくよかな旨味と淡く上品な香りを備えていて、杯を重ねていく内にそれを感じることができます。
もちろん後口のキレも良く、心地良い余韻が続きます。
 
紀土<Shibata's>~be fresh~
 
1.8L 3,600円(税別)
720ml 1,800円(税別)

f0220938_12433632.jpg

f0220938_12434353.jpg
f0220938_12435738.jpg

[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-01-21 12:50 | 日本酒

【寿喜心<吟風>純米吟醸(生)】

昨秋に「ひやおろし」1種類だけ取り扱ったことのある、愛媛県・首藤酒造さんの「寿喜心(すきごころ)」。
今年から直取引を始めさせて頂くこととなりましたが、その第1弾として入荷したのがこの<吟風>純米吟醸(生)です。
 
「吟風」は2000年に品種登録された、北海道産としては2番目の酒造好適米です。
「吟風」を原料としたお酒には味の丸さや柔らかさが特徴として表れ、本州産の代表的な酒造好適米に匹敵する高い酒造適性を持つと言われております。
 
さて、この「寿喜心<吟風>純米吟醸(生)」はサンプルを口に含んだ瞬間、私もカミさんも二人揃って「ほぉーっ!」「へぇーっ!」と声を上げたほどのクオリティー。
 
控えめで適度に熟した果実香、クリアーで口当たりの良い酸味と旨味がバランス良く調和していて、舌の上をスルスルと滑るように通った後は爽やかな余韻を口中に残しつつ切れて行きます。
 
1.8L 2,700円(税別)
720ml 1,350円(税別)
 

なお、弊店では「寿喜心」全商品の内、「山田錦」原料を3種、「雄町」原料を1種、他、全部で約10種類の商品を取り扱う予定です。
詳細はホームページをご覧下さい。
 
f0220938_12461447.jpg

f0220938_1246216.jpg

[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-01-20 12:44 | 日本酒

【謹賀新年】

新年 明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
本年も変わらぬご愛顧の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
実店舗、オンラインショップともに本日5日より営業を再開致します。
すでにたくさんのご注文をメールやFAXで頂戴しており、今年も順調なスタートが切れて喜んでおります。
年末より一部切らしている商品がありますが、順次発送させて頂きますので、商品到着までもうしばらくお待ち下さいませ。

[PR]
by hirakata-kandaya | 2018-01-05 10:19 | 仕事全般