<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

FCUK@GE

天満宮を後にした私と内山クンは、前日15日にJR天満駅のすぐ近くにオープンしたバー「天神橋筋四丁目 FCUK@GE」さんへ。
f0220938_19144066.jpg


開店は18時と聞いてたんで、17時なら店長が出勤してるやろうと思って店の前まで来てみたら、ドアはクローズのまま。
店長の携帯に電話したら、「…ふぁい」と如何にも『寝てました』と言わんばかりの不機嫌そうな声。(笑)

  神田屋:何時に出勤するん?
  店長:5時(=17時)頃ですけど…。
  神田屋:もう5時過ぎてるで!(笑)
  店長:エエーッ!?あ、ほんまや…。ちょっとどっかで時間潰してもらえませんか?
  神田屋:しゃーないなァ~。

あとから聞いたところでは、前日は遅い時間から北新地で働いているお店の方が飲みに来られて、帰宅したのがこの日の"お昼の2時"やったらしく、まるっきり時間の感覚が狂っていたそうですわ。
もし私からの電話が無かったら今頃は?(笑)


この「FCUK@GE」さんは元々は茨木市に1号店があって、2年前に東京の墨田区業平に「NOMAD」というバーをOPENさせ、その2店舗ともそれぞれの店長に任せて、3店舗目であるこの『天神橋筋四丁目 FCUK@GE」をオーナーの大野さんが自ら店長となってOPENさせたということです。

f0220938_19282847.jpg

  左:オーナーの大野さん(天神橋筋四丁目の店長も兼任)、右:茨木店の店長
  目つきは悪いけど(笑)、二人ともナイス・ガイでっせ。


洋酒に関しては基本的な銘柄からレアものまで揃っており、本格焼酎もけっこう良く売れるお店です。
近年、天満駅界隈は大阪の人気スポットで、隠れた名店がいっぱいあるディープな街ですので、『天満』へお越しの際はぜひこの「FCUK@GE」さんへお立ち寄り下さい。
[PR]
by hirakata-kandaya | 2012-02-17 19:34 | 料飲店様紹介

梅酒大会へ

定休日の今日は、大阪天満宮で開催中の『天満天神梅酒大会』に参加してまいりました。
同行したのは、滋賀県の某卸問屋のセールス・Yクンと、この男(↓)。
f0220938_1843255.jpg


午後1時に本殿前にて待ち合わせし、早速現場へ。
試飲会場は梅酒部門とリキュール部門とに分かれていて、まずは空いていたリキュール部門から。
ここはスムーズに試飲して、次に向かうは梅酒部門。

ところがところが、こちらは超の字が付く長蛇の列で、普通に並べばテント内に入れるのが2時間後ということで、とりあえず昼食でも摂ろかと近くの蕎麦屋さんへ。
そして昼食を終えた後に現場へ戻ると…、さっきよりも列が長くなったんちゃうのん?

しかたなく、今度は喫茶店でコーヒーをどつきながら時間潰し。
時計を見ると3時40分を過ぎていたので、「ほな、そろそろ…」とまたまた現場へ戻ったら、待っている人はほんのわずかとなっていて、少しの待ち時間で程なくテント内へ入場することができました。

とはいえ、出品してある300種類もの梅酒の全てをテイスティングできるわけもないので、私は弊店取扱の梅酒の味を再チェック致しました。

その中で、『やはりこれはイイなぁ~』と思ったのは、明利酒類さんの「百年梅酒<完熟梅仕込>」。
1.8Lサイズで3300円とけっこうな価格ではありますが、それだけの価値は充分にあるリッチな味わいの梅酒です。

同行のUクンもこの通り真剣にテイスティング。
f0220938_1911334.jpg


残念ながら今年は西酒造の梅酒&リキュールは出品できませんでしたが(っつーか、もっと早く連絡してこいよ!…笑)、来月14日には下記の3商品が市場に登場しますのでお楽しみに。
f0220938_1933565.jpg


☆西酒造『好日』リキュール ⇒ http://kandaya.biz/nishi-liq.htm
[PR]
by hirakata-kandaya | 2012-02-16 18:30 | 梅酒&和リキュール

朋あり遠方より来る、亦楽しからずや

久しぶりの更新です。。。(^^;)
今月は東と西から懐かしくて嬉しいご来訪がありました。

まずは5日(日)。
横浜の『みなとみらい』にあるショッピング・モール「コレット・マーレ」の7Fにある料飲店さん『芋蔵<極>』の店長・楠原さんがアポなしで弊店をご訪問。
以前から「近い内にお邪魔しますから…」とは聞いていたものの、いやぁ~不意を突かれました。(笑)

幸か不幸か、この日は珍しく来店客が多くて店ではゆっくりお話できなかったんですが、翌日は京都を観光するというので、夜8時に京阪の『祇園四条』駅で待ち合わせ、以前にも利用したことのある知恩院近くのお寿司屋さんへ行きました。

仕事の話、将来の話、お互いの家族の話で会話が弾む内に料理もお酒も進み、あっという間に『良い子の帰宅の時刻』となり、この日は大阪市内のホテルに宿泊するという彼と二人仲良く京阪電車で帰路についたのでした。


そしてその一週間後。
遠く沖縄県浦添市からやって来たのは、かつては前述の楠原さんの同僚でもあったこの男(↓)。
f0220938_20222092.jpg


高校時代には浦添商業の正捕手&キャプテンとして甲子園の土を踏んだこともあって、30半ばを過ぎた今も、体型は当時よりかなり重そうですがフットワークは実に軽い、そして相変わらず熱い!

この日、弊店の次に訪問したのが大阪市役所。
"時の人"橋下徹市長に面会を求めて訪ねたらしいですが、あっけなく門前払いに…。
しかしながらその意気や良し!
まだまだこんな熱い漢(おとこ)がいるんですから、日本の未来は決して暗いものばかりではないですね。


彼らだけでなく、酒屋という商売を通じて出会えた全ての方々にあらためて、感謝!!
[PR]
by hirakata-kandaya | 2012-02-13 19:47 | 料飲店様紹介