<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

携帯電話がサドンデス!(T T)

ついに完全に壊れてしまいました。

別に落としたわけでも水没させたわけでもないんですが、先ほど突然にボタン操作ができなくなってしまいました。。。

とりあえず応急措置として、以前にオヤジが使用していた高齢者用ので間に合わせますが、皆さんの電話番号もメールアドレスもまったく登録されてませんのでこちらからは電話もかけれず、メールも送れずの状態です。
お暇な折にでもラブコール&ラブメールをお願い申し上げます。
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-07-29 18:08 | 仕事全般

暑中お見舞い申し上げます。

いやぁ、それにしても梅雨明け後のこのクソ暑さは何なんでしょう?
全国各地で熱中症で病院に運ばれている方が多いようですので、どうぞご無理をなさらずに適度に休憩(クールダウン)してボチボチ頑張って下さい。(笑)

私も日中は仕事の合間に…

                      こーんなことしたり、
f0220938_22173819.jpg


                   こーんなところで涼を取ったりしております。
f0220938_22184699.jpg
                  (↑)プレハブ冷蔵庫内



             スキンヘッド、最高!!(笑)
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-07-26 22:19 | 日々の徒然

芋焼酎 『田中農場 ~ コン芋は昔ん味がスぅ ~』

宮崎県の落合酒造さんから「和一緒(わっしょい)」以来(か?)久々の新商品です。
その名も、、、

「田中農場 ~ コン芋は昔ん味がスぅ ~」

…と実に長い。(笑)

f0220938_23224164.jpg


この芋焼酎は、『昔ながらの芋臭い焼酎を…』との多くの芋焼酎ファンの声に応えて作られました。
その“芋臭さ”の理由は原料にあります。
宮崎県都城市に所在する農業法人(有)コウワ(代表:田中耕太郎さん)の農場(=田中農場)で作られる減農薬&緑肥栽培のコガネセンガンは正に芋臭い芋。
それを100%原料に使用し、純国産米で麹(黒麹)を作りました。

味わいは骨格のしっかりしたタイプで、芋臭はするものの、同じ落合酒造さんの製品である「雲雀」のような粗々しさはなく、むしろそれをオブラートで包んだようなまろやかさがあり、つい杯を重ねたくなる芋焼酎です。


   ☆紹介ページ ⇒ http://kandaya.biz/ochiai.htm


しかしこのネーミング、鳥取の諏訪酒造さんからクレームがつくんとちゃうかなぁ~。
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-07-17 23:23 | 本格焼酎

酒座てんまみち

昨日の水曜日は、山野酒造社長の山野さん、浪花酒造の成子杜氏、そして私との三人で、大阪市北区の「酒座てんまみち」さんへお邪魔しました。

このお店のオーナー・中上哲男さんと私とは16、7年前からの知り合いで、2年前に亡くなった「田心房」の松崎さんの師匠でもあり、その松崎さんに紹介してもらったのが最初の出会いです。

f0220938_23411246.jpg


今でこそ店舗数は減ったものの、当時は大阪市内や芦屋に5、6軒の店舗を持つ「阿田(おでん)グループ」のオーナーで、関西では地酒業界の第一人者ともいうべき方でした。

むろんエピソードも非常に多く(笑)、全国の酒蔵を何度も訪ね歩いて納得がいかないことがあると蔵元や杜氏さんと激論を交わすことなどしょっちゅうで、さんざんやり込められた杜氏さんは数知れず…。

そんな噂は全国を駆け巡り、日本中の酒蔵で彼の名を知らない者はいないとも言われた人です。
実際にこの私も昔に、あるお酒の管理温度のことでこっぴどく叱られたこともありました。(苦笑)

昨日は待ち合わせの時刻よりも30分ほど早目に同店に到着したので店内にて中上さんと酒談義を交わしましたが、齢60歳を過ぎた今でも鼻息は荒い荒い!(笑)
かつての“中上節”は今もなお健在ですわ。

そうこうしている内に、まず成子杜氏(=なるっち)が来店、さらに遅れること20分ほどで山野社長が到着し、まずは「金賞受賞、おめでとうございます!」

「酒座てんまみち」には日本中の銘酒が揃っておりますが、その中に今年は「さか松」と「寝屋の長者」のそれぞれ金賞受賞酒も仲間入り。
中上さんからも高い評価を頂いて私の両端に座っているお二人さんは上機嫌。

山野社長は中上さんとはこの日が初対面でしたが、当然ながらこの業界には共通の知人が多く、二人の会話は大いに盛り上がり、日頃聞けないような某蔵元のナイショ話なども色々と伺い、楽しい時間を過ごさせて頂きました。


さて、この中上さん。
ご自身の商売以上に本気で日本酒業界を盛り上げようとされていて、特にずっと以前から提唱されている『大阪の酒蔵を元気付けよう!』には私も同感。
この日、このお二人をお連れしたのもその為で、今後もイイお付き合いをしてもらえれば私としても喜ばしい限りです。

中上社長、どうぞ宜しくお願いしますよ。(笑)
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-07-16 23:55 | 日本酒

ピッチャー、鳥谷!

ワールドカップも終わり、これから10月まではプロ野球に専念することになります。(^^;

さて、その阪神タイガースですが、主力投手が故障(能見、岩田)や慢性不調(福原)や奇病(安藤)で続々とリタイアしているにもかかわらず、首位のジャイアンツに肉迫しており、今後もしばらくは我々ファンを楽しませてくれそうです。

好調の原因は、先発投手の駒不足を補う若手の中継ぎ陣の頑張りもありますが、何と言ってもブラゼル&マートンの両外国人を中心とした打線が好調なことに尽きますね。

ただ、、、その野手陣の中でやっぱり今年もパッとせんのがこの御仁(↓)。







f0220938_22493659.gif





                     あ、間違った!(笑)








f0220938_2250864.jpg




今日の時点で打率は.278
守備も少しは上手くなったとはいうものの、「セ・リーグNo.1のショート」と言われた真弓監督や、「12球団随一」と称された久慈コーチらの現役時代を見てきた私からすれば「まだまだ…」。

今夜の試合のようにたまに存在感は表すものの、どうもこの選手は地味なイメージがつきまといますね。


そこで私からの大胆な提案です。




いっそのこと、鳥谷を投手で使ってみたらどうでしょう?




『何をアホなことを…』とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、何の根拠も無くこんなことを言う訳やないんです。
高校時代(聖望学園)は3年の夏に遊撃手兼投手として夏の甲子園大会に出場し、初戦の日田林工高校戦ではリリーフとして登板、何と最速143km/hを計測したこともあるそうです。

さらに面白いのは彼は元々は左利きだったということ。
両親に右利きに矯正されたため今は右投げになってますが、練習を積み重ねれば左でも140km/hを超える速球を投げれるようになるかも…。
そうなると、日本の球史始まって以来のスイッチピッチャー()の誕生も夢ではなくなります。

しかも、彼なら代打で使ってそのまま次のイニングはマウンドへ、という起用方法も選べますしね。
第一何より、そもそも背番号がエースナンバーやないですか。(笑)

肩はめっぽう強く、登板数100試合くらいは楽にこなせそうな頑健な身体を持つ彼なら決して不可能ではないかと思います。

地味で平凡なショートストップで終わらすか、球史に残るスイッチピッチャーとして名を残させるか…。

如何ですか、真弓監督?(笑)


※かつての近田豊年選手のように両手投げ投手として登録された選手はいたものの、公式戦での左右投げが披露されたことはないようです。
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-07-13 23:24 | スポーツ

投票デビュー

昨日11日(日)は参議院選挙の投票日。
神田屋夫妻にとっては枚方市へ移ってから初の選挙ですのでドキドキしながら投票所へ。(笑)
f0220938_039172.jpg



比例区は以前から決めていた某政党名を書き込んだんですが、選挙区は現職の小杉竜一氏か新人の吉田敬氏のどちらの名前を書こうかとギリギリまで迷った挙句、空気の入れ替えの必要性を感じて新人の吉田敬氏に一票を投じました。(あれ?)

f0220938_0462075.gif

 ※選挙結果の発表は11月だそうです。
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-07-12 00:49 | 日々の徒然

海の見える店

生ビールはもちろん、ハイボール、スパークリングワイン、柑橘系リキュールと、暑い夏に相応しい涼やかな飲み物がたくさんありますが、芋焼酎だって負けてません。

弊店では毎年7月になると販売数量がグン!とアップする焼酎があります。
それが、、、これだ!(↓) (…って、このパターンが多い?)

f0220938_12283150.jpg


ご存じ、大海酒造(株)の「海」ですが、市販されている芋焼酎の中でもこれほどロックで美味しい、というよりロックが似合う芋焼酎は無いのではないかと思います。

f0220938_12541297.jpg

同社の営業担当の"毛沢東"山下氏(↑)が昔からおっしゃってたのが、

  『世界中の海の見えるお店で「海」が飲めるようになるのが僕の夢』


海に囲まれた我が国にはそんなお店がたくさんあると思いますが、下記に紹介するのもその一つ。

   『芋蔵<極(きわみ)>』さん…横浜市中区桜木町 Colette Mare(コレットマーレ)7F
f0220938_1221331.jpg


今年の春に“みなとみらい”に新しくオープンしたColette Mare(コレットマーレ)の最上階にあるお店です。
晴れた日に三浦岬が見えるかどうかはわかりませんが、明るい時間帯には“ロックグラスの中を貨物船が通る”なんてこともあるかもね。(笑)

この時季に「海」の販売数量が増えるのは、こんな風にキャンペーンをして下さる料飲店さんがあるからなんですよね。

                          感謝!
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-07-10 12:49 | 料飲店様紹介

小夏リキュール

スパークリングワインだけでなく、国産リキュールにも夏にふさわしい商品がたくさんありますが、今回入荷した商品はその際たるもの。

それが、今年度の『地酒大show』の第4部門において見事に最高位のプラチナ賞を受賞した「小夏リキュール」です。

f0220938_14541985.jpg

f0220938_14543762.jpg



(弊店ホームページの紹介文より)

日本酒「亀泉」でおなじみの、高知県土佐市の亀泉酒造のリキュールです。
高知特産の柑橘類「小夏(こなつ)」の生果汁を蜂蜜と清酒で仕込みました。

この「小夏リキュール」は火入殺菌をせずにあえて生果汁を使用することで、小夏独特の華やかな香りと上品な甘酸っぱさを存分に楽しんで頂けるようにしました。
夏にふさわしい爽やかでスッキリと洗練された甘みは女性にも好評です。
ぜひオン・ザ・ロックでお召し上がり下さい。

 ☆商品紹介ページ ⇒ http://kandaya.biz/konatsu.htm
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-07-06 14:55 | 梅酒&和リキュール

♪戦い済んでェ~

日本代表のワールドカップはBEST16で終戦。
戦前の予想を覆しての大健闘ではありましたが、岡田監督のコメントにもあったようにせめてもう1試合、いわばBEST8レベルの戦いを経験させてあげたかったですね。

パラグアイ戦の開始直後、テレビの画面からも伝わってきたどんよりとした重いムード。
ピッチ上の各選手の動きがデンマーク戦のそれとはあきらかに違い、傍らで観戦していた家内に、「今日はだらだらした試合になるぞォ」と言っていたら案の定でした。。。

それでも後半の36分に中村憲剛を投入した時は「よし!」と思ったんですが、イタリアのメディアが言うようにせめて森本のような活きのイイFWを投入すべきだったんでは?と考えたのは私だけではなかったでしょう。
この試合ではたとえ4点取られても、5点を取りにいくような攻撃を見せて欲しかったのが本音です。

f0220938_23483186.jpg


でも、この敗戦を責める者は誰もいないでしょうし、前回大会のように帰国した選手達を出迎える空港で某選手に卵を投げつけたり、戦犯を追求してネット上で袋叩きにしたりと、そんな後味の悪い結末にならなかったことだけが救いでした。

今後は松井選手や本田選手のようにどんどん海外のクラブで経験を積んで、何年後かはわかりませんが日本(単独)開催のワールドカップで優勝を果たして頂きたいものです。


最後に、、、ワールドカップ・イヤー限定の日本代表ファンが色々と偉そうなことを申し上げましたが、どうかご容赦のほど…(笑)

では、また4年後にお会いしましょう。
[PR]
by hirakata-kandaya | 2010-07-02 23:34 | スポーツ