カテゴリ:日々の徒然( 19 )

検尿

日本酒でも本格焼酎でも、モロミの状態を液体に変えるのにはそれぞれ上槽や蒸留といった作業を行いますが、いずれもその段階において味や濃度が違うことはご存知の方も多いでしょう。
 
具体的には、日本酒ですと「荒走り」⇒「中汲み」⇒「責め」、本格焼酎では「初垂れ(ハナタレ)」⇒「本垂れ」⇒「末垂れ」という段階を経て瓶詰されたり、貯蔵タンクに移されたりするわけですが、日本酒の場合なら「中汲み」、本格焼酎なら「初垂れ」の部分が一般的には旨味成分が一番凝縮されて美味しいとされています。
 
さて、ここからが本題。
夕食前の時間帯にババっちぃ話で恐縮ですが、人間の尿の場合はどうなんでしょう?
 
検尿の際、かつては放尿開始からしばらく経ってからの、いわば「中汲み」を採取するように指示されていた記憶があるんですが、最近は特に何も言われませんよね?
 
上槽・蒸留後に濾過処理を施すのとは違って、ヒトの場合は体外へ排泄される前に腎臓において濾過されているので、おそらくは大きな味覚(?)、成分(?)の差は無いのかもしれませんが…。
 
どなたかお詳しい方、おヒマなときにでもご回答頂ければ幸いに存じます。
 
年に一度の人間ドッグを明日に控え、トイレの中でふとそんなことを思ったりした次第…(^^;
 
[PR]
by hirakata-kandaya | 2016-07-13 18:04 | 日々の徒然

カイザー・ソゼ

忙しくて映画館で映画鑑賞するゆとりも無くなりまして、もっぱら日曜洋画劇場とかTSUTAYAのお世話になっているこの頃ですが、昨年から今年にかけて観た中で「いいね!」と思ったのは皆さんもよくご存知の「ショーシャンクの空に」。
facebookの人気投票でも第2位にランキングされているほどですからさもありなん。

そしてもう一つは1995年のアメリカ映画「ユージュアル・サスペクツ」。
何故かfacebookでは検索できませんでしたが、これは感動とは無縁ながらももう一度観てみたい映画でした。

ファンサイト(↓)もありますが、ストーリーの最後に種明かしがありますので、先に映画をご覧になってからアクセスされることをお勧めします。
http://www.geocities.jp/kobayashiporcelain/
f0220938_15232912.jpg

[PR]
by hirakata-kandaya | 2012-07-14 15:21 | 日々の徒然

チャン・グンソク

f0220938_192464.jpg


先日の朝日新聞に、韓流スターのチャン・グンソクの等身大の広告(一部のエリアのみ)が入っていたとのことで販売店に入手を頼んだところ、昨日にわざわざ持参してくれました。
ネットオークションでは数千円で取引されていると同業者の友人から聞いてましたが、なるほどねェ~。

ちなみに、このポスターはグンちゃんの熱狂的なファンだというその友人の奥様にプレゼント致しました。(笑)

f0220938_19293.jpg
f0220938_1922227.jpg

[PR]
by hirakata-kandaya | 2012-06-19 19:04 | 日々の徒然

鍋ツネ

更新をサボっている間に美味しそうなブログ・ネタが満載の10日間でしたが、まずはこのニュースから。

寒くなって私の大好きなお鍋の季節に、とんだナベ騒動が勃発したもので、プロ野球の読売ジャイアンツの「前」代表・清武英利氏が起こした造反劇は賛否両論、いや、"賛7否3"といったところ。
ただ、某テレビ局のアンケートでの『清武氏と同じ立場に置かれた場合に自身の取る行動は?』との質問には「しぶしぶ従う」が過半数を示すという悲しい結果に…。

ずーっと以前に、熱烈なジャイアンツ・ファンの女性に「あのオヤジ(鍋ツネ)の首に鈴をつける人間が読売の社内におらん限り、巨人軍は永久に仏滅や!」と揶揄してやったことがあるが、勇を鼓舞して鈴をつけにいった結果が刺し違えることも出来ずに犬死となってしまったのは少々お気の毒。

どちらが是か非かわからないというのではなく、少なくとも鍋ツネのワンマンぶりは周知の事実だし、あのオヤジの存在そのものを疎ましく思っている人間は球界に限らず多数いるはず。

せっかくの「Stop the Nabe-tsune」動議も取締役会議で「多vs1」となったのはあまりにも情けないが、これがサラリーマンの宿命か…。

つくづく自分は自営業者で良かったと思った今回の事件であった。
[PR]
by hirakata-kandaya | 2011-11-21 20:10 | 日々の徒然

また訃報

f0220938_1320625.jpg


今度は柳ジョージさんが亡くなられた。
63歳。
まだまだ早いよなァ~。

今から30年ほど前の学生時代、当時交際していた女性からこのアルバム(↓)のカセットテープをプレゼントしてもらって以来、すっかり彼の音楽にハマってしまった。




「星空の南十字星」、「For Your Love」、「青い瞳のステラ」、「Vacancy」、あと「プリズナー」もイイなぁ~。
ドライブ中は必ず彼の曲が狭い車内に響いていて、カラオケでもよく歌ったものだ。
一つ一つの曲にあの頃の思い出が一杯詰まっていて、この季節に聴けばガラにもなく涙がホロリという曲も少なくない。

一度は生のステージを観たかったが、あのしゃがれた声をもうリアルタイムでは聴けないのは本当に淋しい限り。
心よりご冥福をお祈り致します。

合掌
[PR]
by hirakata-kandaya | 2011-10-14 14:20 | 日々の徒然

人間五十年。。。

今日9月26日は私めの50回目の誕生日。
特にこれといった感慨はありませんが、振り返ればアッと言う間の50年であったように思います。
地球の、いや宇宙の気の遠くなるような長い長い歴史に比べれば、正に一夜の夢の如し、ですね。

もちろん、私のその「一夜の夢」にもそれなりにドラマはありました。
それをここでダラダラと書き連ねる気はありませんが、今はまぁ「見るべき程の事をば見つ」の心境でしょうか。

ただ、、、見てみたいものはまだまだあるし(笑)、そもそも私のモットーは「生涯青春」。
これからも"老いて益々盛ん"なところを皆さんに披露し続けたいと思う次第です。
[PR]
by hirakata-kandaya | 2011-09-26 23:50 | 日々の徒然

グーグル・マップ

遠方より弊店へお越しの際、大抵の方はあらかじめ地図で場所を確認された上でご来店下さっていることと拝察致しますが、Yahooの地図はともかくGoogleマップには困ったもので、未だに「酒の神田屋」は更地のまま。

昨秋にGoogleに直接メールを送って更新をお願いしたものの、一向にその気配も無く、「酒の神田屋」はグーグルマップ上ではまだ当分はゴーストショップ(?)として営業を続けることになります。(笑)

Googleさん、何とかしてチョンマゲ!


(↓)平成21年夏の状態
f0220938_1924338.jpg


(↓)現在(平成23年5月)の状態
f0220938_19243425.jpg

[PR]
by hirakata-kandaya | 2011-05-23 19:15 | 日々の徒然

ご近所からの頂き物

枚方へ移転して一年と二ヶ月。
未だにお名前とお顔が一致しない方も多いものの、我々夫婦に対して気軽に声をかけて下さる方も増えて、おかげ様で居心地の良い枚方ライフを満喫しております。

中でも特に弊店周辺の住民の皆さんからは色々とお気遣い頂いていて、『魚釣りに行ってきたから…』と、自分で捌いて大皿に盛った大きな鯛を下さったり、ご主人と二人で大事に手入れした植木を「店頭に飾っとき」とわざわざ運んでこられたり…。

ホント、感謝しております。

今日はそれらの頂き物を、一部ではありますが披露したいと思います。


f0220938_20285452.jpg

f0220938_2044840.jpg

f0220938_20332728.jpg
f0220938_2034227.jpg
f0220938_20341751.jpg
f0220938_20343495.jpg


皆さん、どうもありがとうございました。
大事に使わせて頂きます。
[PR]
by hirakata-kandaya | 2011-05-14 20:35 | 日々の徒然

花粉症

f0220938_1839460.jpg

                ♪~




f0220938_18395678.jpg

          (>_<)!
[PR]
by hirakata-kandaya | 2011-04-12 00:10 | 日々の徒然

花粉症

今年の花粉の飛散量は過去最高(最悪)と聞いてはおったものの、特に何も対策を練らずに放置したまま、暦は弥生3月。。。
なのに、なぜか例年のような花粉症の症状が表れず「???」。

生来、軽い蓄膿症であった私が正式に"花粉症デビュー"したのは2001年春。
皮肉にもその年の元日から"断煙"したことが災いしたのか、この10年間は『くしゃみ、鼻水、鼻づまり』と三拍子揃った重度の花粉オーナーだったはずの私が何故…?

体質が変わったのか?
[PR]
by hirakata-kandaya | 2011-03-08 17:50 | 日々の徒然