Kandaya de blog ~神田屋・ど・ぶろぐ~


大阪府枚方市の『酒の神田屋』店主のブログです。商品の紹介や日々の徒然をそこはかとなく、妖しく、かつ物狂おしく書きつくっております。
by Kandaya de blog
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

麦焼酎「兼八」 単品販売再開のお知らせ

f0220938_15204825.jpg


半年振りに「兼八」25度の単品販売を再開致します。
これまではご来店下さるお客様のみを対象としておりましたが、今回は全国どこへでも発送致します。
(ギフト対応は致しておりません)
詳しいことはホームページでご確認の上で、ご発注下さいませ。

http://kandaya.biz/yotsuya.htm
 
25度 1.8L 2,500円(税別)
 
※転売防止の為、ラベルに弊店の店名入りシールを貼付してあります。
 
---------------------------------------
f0220938_1520585.jpg
f0220938_15214162.jpg


☆「兼八原酒」 10年貯蔵の販売について
 
今からちょうど10年前の2006年6月に瓶詰された「兼八原酒」を弊店倉庫内にて10年間貯蔵した超レアな限定品です。
5本限りの限定販売となります。
上記25度と同じく、弊店ホームページよりご発注下さいませ。
[PR]

# by hirakata-kandaya | 2016-09-17 15:22 | 本格焼酎

【紀土<あがらの生・原酒>】

f0220938_1523853.jpg

「あがら」とは近畿地方の南部の方言で、「私たち」の意(我ら→わがら→あがら)。
和歌山県・平和酒造さんの社屋の裏に広がる自社田において、蔵元・杜氏・蔵人さんはもちろんのこと、契約農家の方々や一般参加の消費者の皆さんとともに育てた「山田錦」を100%原料にした、まさに「あがら」のお酒です。
 
精米歩合80%で醸したこのお酒、抽象的な表現で恐縮ながら、田舎の田んぼの風景を想わせる香りが漂います。
生酒ではありますが、低めの温度(45~50度)で燗をつけると柔らかな旨味がふわーっと広がります。
 
※今年からハーフサイズもラインナップに加わり、お求め安くなりました。
 
1.8L 2,600円(税別)
720ml 1,300円(税別)

http://kandaya.biz/kid.htm#agara

f0220938_153244.jpg

[PR]

# by hirakata-kandaya | 2016-09-13 15:04 | 日本酒

【秋のとろとろの梅酒】

f0220938_122376.jpg


日本酒や本格焼酎だけでなく、梅酒にも「秋酒」はあるんです。
「月ヶ瀬の梅原酒」や「青短の蜜柑酒」などで知られる奈良県・八木酒造さん。
その“花札シリーズ”の中でも特に人気の「とろとろの梅酒」の秋バージョンが、今回紹介する「秋のとろとろの梅酒」です。
 
地元・奈良県西吉野産の完熟梅をふんだんに使用。
通年販売商品の「とろとろの梅酒」に比べてアルコール度数を低くしてあるものの、果肉エキスの含有量が多いのでトロトロ感がかなり増しています。
また、少量ながらもハチミツを使用することにより、さらに複雑な風味が加わっています。
優しくもビターな香りと豊潤な旨み、濃厚な秋の味覚に合うクオリティーの高い梅酒です。

【ご注意】
メーカーからの蔵出しは一回限りですので、今月19日(月)までにご予約下さい。
(季節商品ですから、ご予約分のみメーカーに発注致します)
 
 
◆原料:西吉野産青梅、本格焼酎、糖類、醸造アルコール、完熟梅果肉、ハチミツ
◆アルコール度数:6度
◆価格:1.8L 2,800円(税別) 
◆発売開始日:10月5日(水)
◆紹介ページ:http://kandaya.biz/tsukigase.htm#aki
[PR]

# by hirakata-kandaya | 2016-09-12 12:25 | 梅酒&和リキュール

秋の酒 続編

新たに入荷したのは下記の2商品です。
 
 
f0220938_1151481.jpg

☆雪の茅舎<秘伝山廃>純米吟醸(ひやおろし) @3,400
 
秋田県・齋彌(さいや)酒造店の「雪の茅舎」のフラッグシップ的存在の「秘伝山廃」。
春には新酒の「しぼりたて生酒」、夏には「限定生酒」、そして秋の季節商品はこの「ひやおろし」です。

口に含んだ瞬間に広がる濃厚な旨味を有しながらも後口のキレも抜群、山廃特有のエグさは一切感じられませんので、何杯飲んでも飲み飽きしません。
常温でももちろん美味しくお召し上がり頂けますが、もう少し涼しくなってきた頃にぬる燗で飲まれると味がより一層引き立ちます。
http://kandaya.biz/saiya.htm#hiden
 
-----------------------------------------------
 
f0220938_1152121.jpg

☆出羽桜<山田錦>桜花吟醸 @3,000
 
山形県・出羽桜酒造のベストセラー「桜花吟醸酒」が、雑誌「地酒人気銘柄ランキング」(株式会社フルネット 発行)の「吟醸酒部門」において10年連続第1位に選ばれるという快挙達成を記念して、10年前に発売開始されたプレミアム商品です。
 
山田錦を100%使用し、小川酵母由来の華やかな香りと山田錦らしい奥行きのある深い味わいが楽しめる、「出羽桜」の長所を集約させたような純米吟醸酒です。
半年以上の熟成による秋上がりの美味しさを存分にお愉しみ下さい。
http://kandaya.biz/dewazakura.htm
[PR]

# by hirakata-kandaya | 2016-09-10 11:53 | 日本酒

【神開<秋あかね> ひやおろし】

f0220938_12214698.jpg


前回の投稿、【旬の酒「秋あがり」】に追記です。
 
「神開」で知られる滋賀県の藤本酒造の体育会系熱血営業マン・清水龍圭クンより秋のお便りが届きました。
 
私が勝手に「秋あかね」と命名したこのお酒、県産米の吟吹雪を7号酵母で仕込んだ純米酒を瓶燗火入れし、蔵内でじっくりと貯蔵・熟成させた「ひやおろし」です。
7号酵母の最大の特徴でもある控えめな香り、穏やかな酸味と柔らかながらもボリュームのある味わいが愉しめます。
暑さの残る日には軽く冷やして、また涼しい夜には常温からヌル燗でお召し上がり頂ければ、味が開いてまいります。

※6日(火)より発売開始です。
 
http://kandaya.biz/shinkai.htm#hiya


f0220938_12223246.jpg

春に入荷した同じモロミの生酒(↑)もまだ少しだけ在庫がありますので、よろしければご一緒にお買い求め下さいませ。
 
[PR]

# by hirakata-kandaya | 2016-09-04 12:24 | 日本酒

【旬の酒「秋あがり」】

f0220938_19331859.jpg

 
冬から春に仕込まれ、火入れ処理を施してから蔵内にて貯蔵・熟成し、ひと夏を越したお酒が「秋あがり」です。(※)
先に入荷した「篠峯<ろくまる・雄町>」に続き、本日入荷したのは下記の3種です。
 
※「ひやおろし」は区分上は「秋あがり」のカテゴリーに含まれます。
 
 
☆百楽門<雄町50>純米大吟醸・ひやおろし @3,500
 http://kandaya.biz/katsuragi.htm#oma50
 
☆車坂<山田錦>純米吟醸・秋あがり @2,940
 http://kandaya.biz/kurumazaka.htm#aki
 
☆紀土 純米吟醸・ひやおろし @2,200
 http://kandaya.biz/kid.htm#hiya

------------------------------------------------------------------------
 
この他の秋酒の入荷予定は下記の通りです。
 
☆雪の茅舎<秘伝山廃>純米吟醸・ひやおろし @3,400
 (9/7 入荷予定)
 
☆出羽桜<山田錦>桜花吟醸 @3,000
 (9/9 入荷予定)
 
☆田光<雄町>純米・ひやおろし @2,435
 (9/16 入荷予定)
 
☆都美人<山田錦>山廃仕込純米 ひやおろし @2,940
 (未定)
[PR]

# by hirakata-kandaya | 2016-09-02 19:34 | 日本酒

【麦焼酎「屋久の島 大自然林」】

f0220938_19365340.jpg

f0220938_19373473.jpg

 

この度、本坊酒造(株) 屋久島伝承蔵より新たに発売を開始した麦焼酎です。
先々代の杜氏・内嶋氏の置き土産ともいうべき「屋久の碧玉」(終売)、そして「揺籃」(好評発売中)は黒麹ですが、この「屋久の島 大自然林」は白麹仕込です。
 
現杜氏の石井さんによると『麦麹本来の香ばしさ、カカオ豆を想わせる独特の柔らかな風味』で、『あらゆるシチュエーションで、食の楽しみを広げることのできる麦焼酎です♪』とのことです。
 
発売初年度の今年は製造本数が少なく、メーカーからの蔵出しが今月一回きりですから、お早めにお買い求め下さい。
(弊店への入荷本数:120本)
 
また、同じ銘柄の芋焼酎もありますので、ぜひ一度は飲み比べしてみて下さい。
 
 
☆麦焼酎「屋久の島 大自然林」 1.8L @2,770(限定120本)
☆芋焼酎「屋久の島 大自然林」 1.8L @2,800
☆麦焼酎「揺籃」 1.8L @2,550、720ml @1,310
[PR]

# by hirakata-kandaya | 2016-09-01 19:35 | 本格焼酎

【獺祭<等外>】

この商品はその名の通り、等外米を原料にしたお酒です。
等外米とは、農産物検査法による検査基準において米粒の形が悪いなどの理由で酒造りに適していないと判定された為に政府取り扱いにならない玄米のことで、一般には屑(クズ)米とか砕米(さいまい)と呼称されています。
従来、等外米を使用すると特定名称(純米大吟醸酒、純米酒など)の表示ができません。
それを承知の上で何故「獺祭」が使用しているのか?
その回答はメーカーである旭酒造・櫻井社長がホームページに掲載されていますのでご覧下さい。
 
(2014/4/10の記事)
http://melma.com/backnumber_29695_6009232/
 
(2016/4/14の記事)
http://melma.com/backnumber_29695_6354306/


f0220938_13542186.jpg

 
◆等外23(生酒) 720ml 2,300円(税別)

山田錦の等外米を23%になるまで磨いて造られました。
「等外米」と云えどもそこは山田錦。
「腐っても鯛」ということわざに例えるのは不適当かもしれませんが、米粒を選別し、精米歩合を23%にまで上げればさすがのクオリティー♪
この価格でも充分納得できる美味しさです。

なお、生酒ですから保管は必ず冷蔵庫で、そしてラベルに表示してある製造年月日の一ヶ月以内に飲みきって下さいますようお願い申し上げます。

◆等外30(火入れ酒) 720ml 1,300円(税別)

上記の「獺祭<等外23>」の精米歩合23%に対してこちらの精米歩合は30%、そして生酒ではなく瓶燗火入れされております。
これまでは主に飲食店業界大手の「ワタミ」グループ向けに製造・販売されてきましたが、製造数量の増加やその他の理由により一般の特約店ルートでも販売することとなりました。
 

☆商品紹介ページ ⇒ http://kandaya.biz/dassai.htm#tougai23
[PR]

# by hirakata-kandaya | 2016-08-28 14:20 | 獺祭(だっさい)

【焼き芋焼酎 甘えんぼう】

f0220938_16113976.jpg


芋焼酎「山猪」や「風の番人」でおなじみ宮崎県の「すき酒造」さんの、秋の季節商品です。
原料には別名「蜜芋」とも呼ばれている「紅はるか」を使用。
しかも、同社の児玉社長自らが毎日のように焼芋器で石焼き芋にしてから仕込みました。
さらに、蒸留後は原酒のまま甕壺でじっくりと一年間も貯蔵・熟成。
焼き芋ならではの香ばしいホクホクとした甘い美味しさが味わえる芋焼酎です。

 
25度 1.8L 2,556円(税別)

☆商品紹介ページ ⇒ http://kandaya.biz/suki.htm#amaenbo
[PR]

# by hirakata-kandaya | 2016-08-27 16:15 | 本格焼酎

【「篠峯」秋酒2種】

f0220938_15592639.jpg


「篠峯」の千代酒造(奈良県)から秋酒が2種類入荷しました。
 
☆<秋色 ・生・原酒>純米吟醸(無濾過)・・・写真右
 
「篠峯」の人気商品「凛々」の酵母違いのお酒です。
「凛々」の9号に対してこちらは7号を使用しました。
本年4月に開催されたメーカー主催の利き酒会の一覧表を見直したところ、私の筆による「キュート」という文字が・・・(^^)
 
実際、香りは7号酵母らしく上品かつ控えめで、微かに発泡性が感じられます。
春の時点で感じたキュートな酸味と旨味はもちろん健在。
後口のキレも良いので『清冽な辛口』という表現が適していると思います。
辛口ファンの方にはぜひお奨めしたいお酒です。
 
1.8L 3,000円(税別)
 
--------------------------------------------------
 
☆<ろくまる・雄町>純米吟醸 秋あがり(火入れ)・・・写真左
 
「ろくまる」シリーズの中でも特に人気の高い「ろくまる・雄町」の火入れバージョンがこれです。
同じく春の利き酒会では店主の私が「○」の評価を与えておりました。
期待通り、ひと夏を越して味の広がりを感じられます。
香り系の明利酵母ですが、それが突出することなく液体の中に溶け込んだ印象があります。
常温(15度前後)かヌル燗でお愉しみ下さい。
 
1.8L 2,600円(税別)
 
[PR]

# by hirakata-kandaya | 2016-08-26 12:00 | 日本酒